トップページ | 2005年5月 »

2005年4月30日 (土)

主人公のつくりかた

主人公の設定をつくりときに、もっとも気をつけなければならないのは、その主人公が観客に気に入られるかどうかいうことです。

主人公に、観客が感情移入できなければ、その作品を最後まで見るのが、すごくつらくなってしまいます。だから、脚本家は、この部分にもっとも気をつかわなければならないってことは、ちょっと前にも書きました。

このことは、実際の人生でも、同じことです。

あなたの人生の主人公は、あなた自身ですよね。

主人公のあなたのことを、あなたは好きですか?

好きになってください。あなたの人生の主役のことを。あなたは、あなたの人生の、いちばんの観客でもあるわけですから。

魅力的な主人公をつくるためには、いろんな主人公を見ることが大事です。今回はハリウッド的な主人公を見てみましょう。

 『ダンスレボリューション』原題は、『ハニー』
 テレビのダークエンジェルに出演していたジェシカ・アルバ主演の映画を、DVDでみました。

 ダンサーの女の子が、振付師として売れっ子になり、青少年育成のためのダンススタジオを設立するためにがんばるという物語。
 随所に、流行のヒップホップミュージシャンとのコラボを入れながら、主人公ハニーが自分の夢に向かって突き進んでいく姿を描く、青春ダンスストーリー。
 構成は、いかにもハリウッド流のものになっている。
 そういう意味では、構成の分析につかうにはいい素材だ。

 魅力的な主人公が提示されて、その主人公の前に、次々とトラブルがふりかかり、主人公はそれをのりこえながら成長していく。主人公とかかわることになるサブキャラクターたちも、少しずつ変化し、成長していくというもの。
 まさに王道。
 ストレートなハリウッド脚本の典型です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

座付き作者

 昨夜は、『魔豆奇譚・パンダリアン』の打ち上げだった。
この作品は現在MXテレビで放送中のアニメ。
26話までの2クールが完成したため、音響制作会社が音頭をとってくれての飲み会となった。
アニメーションの場合、スタッフと声優さんが会うのは、こういう場合がほとんどだ。

 自分たちのつくっている番組に声という命を吹き込んでくれる俳優と、なかなか顔をあわせることがないのは、実際寂しいもんです。
 状況的にそれはしかたのないこととはわかっているものの、もっとコミュニケーションがとれるようになったらいいのになぁと思う。

 とくに脚本家にとっては、俳優さんの個性がわかると、自分のつくるキャラクターにそれを反映したりできるもの。アニメといえども、実際、そうなんですよね。俳優さんも、そのほうがうれしいだろうと思うし。

 舞台の脚本の場合は、出演する役者さんの個性が、脚本にいい影響をあたえることが多い。とくに劇団の座付き作者の場合は、役者のことを作家がわかっていればいるほど、おもしろいものになる。

 座付き作者。
 ぼくは、この言葉が好きだ。
 ぼくは、できうれば、この世界の座付き作者になってみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月28日 (木)

書いては書き直し

書いては書き直し。
これはニールサイモンの自伝のタイトルだけど、脚本家なら、だれしもが『そうだよなぁ』ってうなずくタイトルだ。

脚本家の日々は、『直し』についやされると言っても過言じゃありません。
自分の書いたものを、誰かほかの人が評価し、感想をいい、それらの意見をとりいれながら、直して完成品にちかづけていく。
仕事のほとんどは、これについやされます。
これがいやだったら、脚本家にはならないことです。自分の書いたものが、そのまま決定稿になる小説家になったほうがいいでしょう。

今年も、来年の夏公開予定のアニメ映画の脚本に、そろそろとりかかる時期になってしまいました。書いては書き直しの日々が、またはじまるのです。
この作品の場合、原案をつくってから、プロット、そしてシナリオという段階にすすむまで、ほかの作品よりも、よけいに時間が必要となります。書き直す回数も、それだけ多くなるというわけ。どんなに直しても、ギャラは同じというのは、なかなかつらいものがあるんですけどね。それはしかたのないこと。いい作品にするためには、脚本家は我慢強くならなければならないのです。

体感脚本講座では、他人の意見を受け入れるための、訓練もしていくつもり。
他人の意見を受け入れて、それに自分のアイディアをつけくわえていく。
このことを即興芝居(インプロ)では、イエス・アンドと呼びます。
相手の意見(アイディア)を、『はい、そうですね』(イエス)と受け入れて、次(アンド)に自分のアイディアを上乗せしていくわけ。
すると物語が、自然と前に進んで行くんです。

自分の自我があまりにも強すぎると、この作業がつらくなったりすることがあるんですけど、その自我をコントロールするすべをおぼえれば、楽しくなってくるから不思議です。

人生、イエス・アンドで行けたら、かなり楽ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月27日 (水)

即興(インプロ)する

 昨日は、またまた東放学園高等専修学校に行って、高校生と一緒に、基礎即興演技の授業に出席してきた。

   このところつづけている、『教わるシリーズ』。

 ぼくもふだんは即興を教えているわけだけど、ほかの人のコーチングを受けて見たかった。講師は、正さんというかたで、昨年まで現役の中学校の先生で、ずっと演劇教育にたずさわってきた人。ダンディな口髭がトレードマークだ。

 即興というのは、英語でいうとimprvisation。台本をつかわずに、その場で役者がお芝居をつくっていくというもの。

 芝居をつくるというのは、ある意味、物語をつくるということでもあります。

 このレッスンは、その即興(芝居・物語)をつくるために、役者の体をならしていくという意味を持っています。

 ぼくが、このブログで書いてみようとおもっている『体感脚本講座』というのは、即興のレッスンのやりかたを取り入れた、脚本(物語)作りのテクニックでもあります。つまり作家の体と頭を、物語を作りやすいものになるようにならしていくという方法なのです。

 物語をつくるのは、とても楽しいことです。なにもないところから、自分のイメージの世界をつくっていくのは、ワクワクする冒険でもあります。そんな冒険の旅にでるために、まずは体をならして行こうということですね。

 基本は、遊び心。

 遊びは、英語で、PLAY。

 プレイは芝居の意味もあります。

 芝居は、もともと遊びだったんですね。

 物語で、遊びましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月25日 (月)

教わるということ

きょうは、菊地剣友会のレッスンを受けにいった。殺陣である。

いぜん菊地先生のレッスンを受けたとこがあり、今回で二回目。演劇を仕事にしているくせに、殺陣の練習はほとんどしたことがなかったということもあり、以前から興味しんしんだったんだ。

ダンスやったり、殺陣やったり、ちかごろぼくがいろいろ習い事をしているのは、もう一度、他人に教わるということを体験して、その教わる気持ちを、もう一度感じたかったということもある。

人にものを習うということは、ちょっと怖いことだったということを、あらためて思いだした。

見も知らぬ人たちのなかに飛び込んでいき、そこで、もっともステイタスの低い人間にならなければならないというのは、恐怖の体験だ。

もうけっこう長く生きてきていて、社会的なステイタスとかもあったりすると、その恐怖感というのはさらに強くなるもの。新たに習い事をはじめるということは、けっこうハードルが高いものなんだなとおもう。

ぼくの体感脚本講座は、敷居を低くして、だれもがはいってこれる場所にしたいもんです。

帰りに、ゲルマニウム温浴の店に飛びこんでみた。

これがなかなか気持ちよかった。じつは殺陣の練習中に、膝の痛みがぶりかえして、リタイアしてしまっていたので、汗をあんまりかいてなかった。それがこの店でたっぷり汗をかいたので、さっぱりした。やっぱり人間は、汗と涙やね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

昨日見た芝居のこと

昨日は、ラテンダンスのレッスンを受けた。膝が痛かったので、やすみやすみ踊る。いままでやったこともないことをやると、頭が動きだす。新しいアイディアもわいてくる。やはり人間の体と頭は密接に結びついているんだなぁと、実感。

そのあと、知り合いの役者が出演している芝居を見るために、荻窪のアールコリンという小劇場に行く。

で、ここからが、前の記事のつづき。

芝居は、セリフがユニークで、おもしろくなる要素がたくさんあるのに、なんだかもったいない思いだけが残ったものだった。とくに知り合いの役者が出演しているので、その思いもつよくなる。

なぜ、そんなになったかということを帰りながら考えたんだけど、いちばん大きなところは、主人公(今回はヒロイン)の描きかたが足りないということだった。

作家は、かなり変わった世界を描こうとしているのだが、それを観客に伝えるためには、主人公の力を借りなければならない。力を借りるためには、よく書いてあげなければならないのだよ。

この芝居の主人公にかんしては、あまりいい扱いをしてもらってるとは思えなかった。それさえ修正していければ、もっと芝居もよくなったのになぁと、他人の作品ながら、残念におもった。

脚本を書いたとき、もしくは書こうとしているとき、作家(自分)は、主人公を愛しているか、大事にしようとしているか、それをまずチェックするべきだ。

登場人物に力を貸してもらって、作家は自分の書きたいものを表現できるのだと、肝に命じるべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主人公は大事です

主人公。またはヒーロー、ヒロイン、プロタゴニストとかいわれるときもあります。

いうまでもなく、脚本においては、この設定はものすごく大事です。

なんといっても主人公は、観客を物語世界にさそい、ひっぱっていく存在なんですから。

主人公はだいたい物語の冒頭に登場します。そして、観客の人たちの共感をいってに集めなければなりません。このヒーローかヒロインに観客は感情移入して、これから展開していく物語を体験するのですから。

そのためのしかけとして、脚本家がしなければならないことは、この主人公が舞台(物語)に登場したら、できうるかぎり早急に、観客たちがこの人物によりそうようにしてあげることです。

『魅力的。』いいでしょう。『優しい人。』いいでしょう、みんなそういう人にあこがれます。『欠点のある人。』いいね、完全無欠の人なんて、だれも好きになりません。『アクティブな人』いいですね、好きになれそう。『ひどい犯罪者』うん、どうしたらこの人に感情移入できるようになるかな。できるんだったら、おもしろい。

こんなふうにして、主人公に観客が、より近くなるようにしてあげることです。個性的な主人公を設定するとしたら、よりこの部分にエネルギーをかけることは大事です。ぜひ、魅力的な主人公をつくりあげてほしいです。

きょうは、どうしてこのタイトルで書きはじめたかは、ちょっと長くなりそうなので、次の記事で書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月24日 (日)

脚本講座はじめようか

六月からの、ライブ版体感脚本講座をはじめる前に、このブログでも少しプレ脚本講座をはじめたいと思います。この日記を読んでいれば、しだいに脚本というものがわかってくるというしかけ。

まずは脚本ってなんだろう?

もうご存じの人がほとんどだろうと思いますけど、脚本とは、映画やドラマ、芝居などの、台本です。ト書きとセリフで構成されたもの。実際にできあがる映像や舞台表現のための設計図と考えてください。

台本がいいと、できあがる作品もよくなる可能性が高いです。その逆に、台本がわるいとできあがる作品がよくなる確率はとても低くなります。ほとんどないと言っても過言じゃないでしょう。たまに台本がよくても、結果的にできあがった作品がいいという場合もありますが、台本がわるくて、作品がよくなるということは絶対にありません。ですから、脚本って、すごく大事なものなんですね。

小説とちがって、脚本には、人物の心理描写をすることはほとんどありません。(地の文が少ないってことです)ですから、なれないととっつきにくいかもしれません。なぜ心理描写をしないかというと、それは映像や、見えるもので表現するからです。みている観客に、登場人物の心の動きがわかるような、セリフのやりとりや、動きを表現するのが、脚本なんですね。

ですから説明的な要素は、できるだけないように書くのが脚本なんです。

たまに、どうしても説明しなきゃならないことや、説明したほうが、観客のためになると判断したときには、あえてそれをやることがありますが、そのときも説明的にならないように、工夫したいものです。とりあえず初心者のかたは、説明的になりがちですので、それはしないと心にきめたほうがいいでしょう。

第一回はこれくらいにして、昨日のぼくの日記。

タップで足を痛める。

一週間ぶりのタップの練習。きょうは体が軽いとおもっていたら、ジャップしたとたん、膝に激痛がはしった。『いてぇ!』左膝頭のすぐ上がひきつるようになっている。やばいとおもって、練習をリタイヤした。ちょっと調子にのりすぎたみたい。もしかしたらウォーミングアップ不足だったのかも。反省、反省。いえにかえってアイシングする。ひどくならなきゃいいなぁ。

東京の高校に入学した息子と同居をはじめて、はや二カ月。最初は気をつかって、親子をスタートさせたのだが、入学式の日に喧嘩をして以来、ほとんど口をきかない状態になっている。

世間的一般のこの年齢くらいの父と息子も、たいていはこんな感じなんだろうとはおもうけど、思春期の子供ってけっこう大変。息子のほうがたいへんなんだろうなとはおもうけど、どうやってあつかっていいのか難しい。

男二人の合宿状態なんだけど、ぼくはだいぶなれてきて、ストレス感じなくなってるんだけど、息子のほうは、まだたくさんストレス感じてるみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月23日 (土)

演劇ワークショップ

昨日は、演劇ワークショップだった。

参加者はすくなかったが、インプロの練習をじっくりとやれた。

演技経験のないダンサーさんに、インプロをおしえたり、声優さんに教えたりしている。

芝居のおもしろさを、いろんな人にひろめていきたい。

体感脚本講座でも、ストーリーやドラマ作りのコツを、即興の芝居などをおりまぜながら、伝えていくつもりです。

興味のあるかたは、どしどし参加してください。ぜったいにおもしろいこと請け合います。

きょうは、週一で教えている、東放学園高等専修学校で演劇の授業。

十カ月後にひかえている卒業公演のための練習を、スタートさせた。

演技経験のある子供たちが多いので、こっちのほうはかなりやりやすい。

スポンジが水を吸うように彼らが、即興芝居の意味を理解していくのがよくわかる。こうなると教えているほうも乗ってくる。きっと十カ月後には、すごい芝居がつくれるだろう。たのしみたのしみ。

つづいて、声優志望の子供たちのクラスも教える。この子たちは、2年と3年がまじっているのだが、声優志望の子供たちのなかには、まだちょっと意識が低いというか、まだ子供そのものがいるので、少しやりにくい。そしてまたこれが人数多いのだ。声優志望が、こんなにも多いというのは、はっきりいって驚くばかり。声優人気は衰えていない。

使えるような子がいたら、すぐにでも現場にだしてやりたいとはおもっているのだが、まだまだそこまでの子はいない感じ。まだ今年の授業を開始したばっかり(っていうか、一回目)なので、わかっているわけではないのだが。

高校生にものを教えるというのは、プロで何十年もやってきたぼくにとっても、すごく勉強になることが多い。

基本をもう一度確認しなきゃいけなくなるし、いつでも仕事をはじめたときの緊張感を思いださせられる。いつも彼らの目標となるべく走り続けていかねばとおもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月22日 (金)

ワークショップ

きょうは、東放学園高等専修学校に言って、朝からパントマイムの授業を受けた。

マイムは、体を意識するのにとってもいい。

ほかの講師の授業にでて、いろんなやりかたをみせてもらえるのは、こういう学校にかかわったことのいいところ。これからも、いろんな人にであって、刺激を受けたい。

メイクアップの授業に顔をだして、二年生の男の子のステージメイクのモデルをつとめた。

彼のこんなに真剣な表情を見るのはじめてだった。

夕方からは、ぼくが講師をつとめる演劇表現ワークショップをオリンピックセンターでやる。

参加者はすくなかったけど、充実したお稽古ができた。

漫画家さんも、取材にきたりして、いつもとはちがった雰囲気での稽古となる。

インプロの初心者のためのゲームとワークをいろいろとやった。

体感脚本講座も、インプロ(即興劇)の方法をつかって、教えていくつもりです。

ワークショップ終了後、六本木に呼び出される。

25年ぶりにあう高校の陸上部の先輩は、社長さん。いい顔になっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月21日 (木)

詳細はここ

体感脚本講座についての詳細は、このページを見てください。

今回の講座をとりしきってくれるELITE主宰の金丸さんのホームページです。

http://plaza.rakuten.co.jp/elitedance/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月20日 (水)

ジャッキーこと園田です。

なんせブログをはじめるのなれてないもので、自分の名前を書くのを忘れてました。

ジャッキーこと、園田英樹です。

おいおいブログのつくりかたになれていくと思います。

とうぶんは、日記的に書いていきますので、脚本に興味のある人は読んでね。

じぶんで、じぶんはなんなのかよくわかってないんだけど、いちおう脚本の収入で暮らしているので、脚本家なんだろうとはおもってます。でも、今年は、役者やったり、演出やったりのほうが多いんだよなぁ。そういう活動も、じつは脚本を書くためのものだりったりするのかもしれないと、ときどき思います。

体感脚本講座とは、机に座って脚本の書き方を勉強するのではなく、ジャージに身を包み、からだを動かし、即興で劇をやったり、ゲームをしたりしながら、物語つくりに迫っていくというものです。

この方法は、ぼくが考えついたもので、だれかから習ったわけではないんですが、初心者の方や、役者志望のかた、演劇の台本を書きたいとおもっている人には、とくに有効ではないかと自負してます。

そんなこんなの、仕事をさぼっている脚本家が、なにをしているかをちょっと書いてみます。

きょうは、西新宿にある東放高等専修学校に行き、即興演技の授業に飛び入りで参加すした。

高校生にまじって、コミュニケーションゲームとかを、まじでやる。いつも指導してる側なので、ときどきはこうして教えられる側にたってやってみると、いろいんなことに気づかされる。すごくためになった。

夕方から、ヨガ教室にいく。通いはじめて、五回目くらい。いま流行りのパワーヨガ。たぶん、これのおかげで二キロほどスリムになった。

つづけてジャズダンスのレッスンに飛び入り。

すっかりダンスにはまってます。

体感脚本講座の募集要項は、またいずれ、ここにアップしますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年4月19日 (火)

体感脚本講座はじめるよ

脚本家のジャッキーです。

こんど、体感脚本講座とめいうって、脚本家志望の人や、ドラマや劇に興味にある人向けに、脚本の書き方を教えます。

このブログは、正式開講の六月に向けてのものです。

いったい、体感とは、どういうことか?

どんな講座になるのか、楽しみです。

どんな受講生が集ってくれるのかなぁ。

どしどし応募してくださいね。定員は20名ですけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年5月 »