« ダンスイベント | トップページ | 塔 »

2005年5月30日 (月)

クラウン・エフェクト

クラウン・エフェクト

  な、なんと! パーティのショーの出し物に出演した。
 パリからやってきたパントマイムの芸人親子『ジャン&ルイ』という設定。
 僕はは、親父のジャン。ルイ役は、渡猛くん。

 おまえ、パントマイムできるのかって?
 あたりまえじゃないですか。
 レッスン5回も受けてるんですぞ。
 はっきりいって、壁しかできません。

 それが、いきなりショーをやるなんて。
 しかもリハーサルもなしで。
 無謀といえば、無謀だけど、猛くんがうまいので、なんとかやれると思い挑戦することにしました。

 僕は一応、プロの脚本家なので、自分がドヘタでもばれないのような構成台本を書き上げて、本番前に、ちょこっと打ち合わせ。
 笑いのネタをいくつかしこんで、本番へ。

 顔は、白塗りの、ニセクラウン。
 シャツは、ボーダー。パンツは、ぴちっとしたダンサー物。

 ところが不思議なことがおきたんです。
 僕が、クラウンの格好で出ていったとたん、観客の視線はこの異質な人物にくぎづけ。
 何をしても、好意的な目線で見てくれているのが、はっきりわかりました。

 おお、これぞクラウン(道化)効果。
 クラウン・エフェクト。(僕がいま名付けました)

 お客さんは、僕を園田英樹としてではなく、どこからかあらわれた一人の謎のクラウンというキャラクターで見てくれているのです。
 そこに、園田は存在せず。
 一人の、道化者のクラウンがいたのです。

 クラウンは受け入れられている。
 そう思ったら、もう恐怖はなくなっていました。
 あとは、人前でビビッているクラウンの気持ちのまま、必死で行動するだけ。
 クラウンは、ドジで、ビビリで、おろかしいことばかりする存在。
 だから、ドヘタのマイムでも、ぜんぜんオッケイなわけです。
 かえって本当のクラウンだったら、それがうまいマイムなんかできないほうが当然かもしれません。

 そういうことだったのか。
 目からうろこでした。

 クラウンは、あまり言葉をしゃべりません。
 だから言葉をつかわずに、なんとか客とコミュニケーションをとるためには、なんとかお客に近づかなければなりません。ぼくは、そのことに集中したせいで。へたなマイムをしなければならないという恐怖からも解放されていました。

 即興のマイムショーという、とんでもない挑戦でしたが、僕的には大成功だったと思いました。
 お客さんたちの反応も、なかなかよくて、爆笑、爆笑。
 短いショーのなかに、いろんな気づきをさせてくれる、密度のこいものになりました。

 今日のブログは、脚本講座とはあまり関係ない内容になりました。
 このところちょっとブログを見てくれる人が減ってしまいました。
 やはり、連続物で、けっこう専門的なことを書いたのが原因だったのかなぁ。
 テレビ番組でも、連続物だと、視聴率が落ち込んでしまうことがあります。
 それは、やはりその内容が引き延ばしだったりするとき。

 よく一話完結で書いてくれとの依頼を受けます。
 一話完結とは、たとえ続き物のシリーズでも、その回のストーリーは終わらせるということ。
 これからは、できるだけ一話完結で書いていくつもりです。

 さて、ライブ版、の体感脚本講座スタートまで、あと三日になりました。
 まだ参戦できますよ。

|

« ダンスイベント | トップページ | 塔 »

コメント

こんにちは、初めまして。

個人的な事なんですが、最近忙しくしておりまして、腰のすわった重たい内容は敬遠してました。すみません。でも、今日の話はスラスラと読めて、おもしろかったです。時間ができたら脚本講座も読んでみようと思います。

投稿: greensnaf | 2005年5月30日 (月) 13時53分

はじめまして。毎回タメになって面白い内容ばかりなので、日参しています。スターウォーズは見たことありませんけど;

体感脚本講座、出来れば参加したいのですけど…青森から通うのは流石に無理なんです…
近ければ絶対に参加申しこんでいたんですが…残念です。
代わりにブログを楽しみにしていますので、これからも更新頑張って下さい。

投稿: じゃがいもうさぎ。 | 2005年5月30日 (月) 17時12分

私は「脚本の極意」を大変興味深く読ませていただきました。
「あれ?極意9がない?」
などと極意チェックさせて頂きました。
できればストーリーの展開の説明よりも
極意に関しての園田さんの話を聞きたかったです。
ではまた、寄らせて頂きます。

投稿: くらみ | 2005年5月30日 (月) 20時26分

greensnafさん、じゃがいもうさぎさん、くらみさん、コメントありがとうございます。
読んでくれている人がいるってわかるのは、とてもいい感じです。
いろいろチェックありがとうございますね。
これからも何か書き込んでください。

投稿: ジャッキー | 2005年5月31日 (火) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/4337602

この記事へのトラックバック一覧です: クラウン・エフェクト:

« ダンスイベント | トップページ | 塔 »