« 終戦記念日 | トップページ | 焦りと肉体 »

2005年8月17日 (水)

骨盤矯正

  ずっと腰の具合が悪く、首とか、肩とかにもしこりがたまっている。
 ちょっと前に鍼灸をためしたけど、いまひとつ調子は向上してこない。
 仕事はとどこっていて、もやもやして、なかなか集中できないでいた。
 そこで予約をしていた、骨盤矯正に行ってきました。

 予約がなかなかとれないほど、人気がある治療院。
 いったいどんなことをするのかと思いきや、うつぶせになっ、ちょこちょことあちことを軽い力でおしたりするだけ。
 えっ、こんなんで矯正できるの!? と、内心思ってしまうくらい、あっさりしたものだった。

 診断によると、骨盤がかなりねじれているらしい。
 そのせいで、背骨全体がゆがんで、湾曲がなくなっているのだという。
 首も、ストレートネックになっているのは、その歪みのせいだって。

 一時間以上かけて、骨盤のゆがみと、背骨を正常な状態にもどしていくということをやってもらった。
 すると、たしかにやってもらう前よりも、腰の痛みがなくなった。
 うーん、不思議だ。
 やはり骨のせいで、痛みになっていたのかもしれない。
 しかし、いったん正常な位置に骨盤をもどしても、生活習慣や動きの癖で、またすぐに戻ってしまうらしいのだ。
 とにかく姿勢をよくして生活しなければならないと指導を受けた。

 骨盤と背骨は、人間の骨格の基本なのだろう。
 たしかに、それをナチュラルな状態にして生活していかなきゃね。

 腰の治療にいったんだけど、おかげで首のあたりのストレスも少なくなった気がする。
 だが、ぼくの仕事は、机の前で同じ姿勢をとり続けなければならないので、姿勢が崩れがちになってしまう。
 あまり長時間、同じ姿勢をとるのはいけないらしい。
 これは脚本家にとっては職業病だよね。

|

« 終戦記念日 | トップページ | 焦りと肉体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/5514357

この記事へのトラックバック一覧です: 骨盤矯正:

« 終戦記念日 | トップページ | 焦りと肉体 »