« 焦りと肉体 | トップページ | ふ.ーてんの寅さん »

2005年8月21日 (日)

弱音はいてもよかですか2

締め切りに追いつめられて、精神的、肉体的にかなりきつくなってます。
そのせいで、この体感脚本講座のネタも、ネガティブ系になってます。
すみません。

物語の世界にいったん入ってしまうと、なかなかそこから出てこれなくなってしまい、日常生活がほとんどできない状態になってしまいます。
いまが、そういう状態です。
これが抜けるまでは、しばらくつづくと思います。
その間、このブログも、あまりいいネタを書けないかもしれません。
まぁ、苦しんでいる作家の状態を観察するという意味では、おもしろいかもしれませんけど。
ほらね、こんな感じで、自虐的になるわけです。

こういうとき、睡眠がろくにとれなくなるのは当たり前ですけど、それプラス、食生活もメチャクチャになります。
運動不足もかさなって、さらに肉体は悪くなっていくという悪循環。
なんとか呼吸をととのえて、モチベーションを維持しようとするのですが、なかなかままなりません。
こういうときこそ、ヨガなどをやって、ちゃんと自分をコントロールしなきゃならないんでしょう。

友人の渡猛くんが出演している、インプロの集団、東京コメディストアJを先日、見に行ったのですが、まわりでみんなが楽しんでいるのに、一人、その世界にはいれこめずに苦しんでました。
この状態は、とにかく早く抜け出さなければなりません。

そのための唯一の方法は、わかっているのです。
とにかく作品を仕上げること。
それしかないのです。

わかっているのに、それがままならない。
人生は、トラブルの連続です。
ビバ、物語。

|

« 焦りと肉体 | トップページ | ふ.ーてんの寅さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/5566496

この記事へのトラックバック一覧です: 弱音はいてもよかですか2:

« 焦りと肉体 | トップページ | ふ.ーてんの寅さん »