« モノローグ | トップページ | 劇団ハイバイ本番中 »

2005年9月28日 (水)

稽古場

昨日は、まもなく本番をむかえる劇団ハイバイの稽古場に行ってきた。
白熱した稽古がつづいている。
この日は、オープニングのだんどりと、歌。それにつづいて、後半の稽古だった。
総勢二十名をこえる出演者が、けっして広いとはいえない稽古場で動きまわる。
迫力。

そこにふらりと劇団・青年団の志賀廣太郎さんが登場。
志賀さんはテレビやCMなどでもおなじみの役者さんだが、大学で講師もしているというすごい人。
この劇団には、作演出の岩井秀人をはじめとして、桐朋学園の出身者が多い。
志賀さんは、その大学の先生なのだ。
教え子の舞台の稽古場を見に来てくれる先生がいる。
いい人間関係なんだなと思う。
そんな人間関係がつくれるからこそ、演劇はすばらしいと改めて思った。

人間関係。
人と人とのつながり。
この劇団が表現したいことの本質は、そこなんだと思う。

口語劇と、ミュージカル。
ふつうはなかなか融合しないものを、一つにしてみようという新たな試みに挑戦した若き作者と俳優たち。
そのこころみは、そうとう面白いものにできあがりつつある。
ある意味、歴史的な瞬間かもしれない。
笑いもあり、不気味さもあり、感動もある。
ぜひ、この舞台を見てもらいたい。

公演は、10月6日から10日まで、高円寺の明石スタジオ。
タイトルは『ナナイロニ』作演出・岩井秀人
http://hi-bye.hp.infoseek.co.jp/

|

« モノローグ | トップページ | 劇団ハイバイ本番中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/6154385

この記事へのトラックバック一覧です: 稽古場:

« モノローグ | トップページ | 劇団ハイバイ本番中 »