« ギャグの夢 | トップページ | 仰木さん »

2005年12月13日 (火)

4アウト

たまたまつけたテレビで、身体に障害を持ってしまった人たちの野球チームのドキュメントをやっていた。
21歳の時に脳梗塞で倒れて、半身マヒになってしまった人が、十年以上もかけてリハビリしてピッチャーとしてもう一度マウンドにあがる姿を見た。
彼は、ものすごく気迫のこもった球を、キャッチャーめがけて投げこんだ。
すばらしい投球だった。
うつくしかった。

たんたんと投球をふりかえる彼の姿を見ていて、涙がこみあげてきた。
感動した。

人間の魂の力を見せてもらった気がした。
自分も、魂をこめて毎日を生きていかねばと思った。

自分にとって、なにが大事なのか。
大事なものに向かって、自分はまっすぐでいられているか。
そんなことを考えた。

この障害者野球チームのドキュメンタリーが『4アウト』というタイトルで出版されているらしい。

|

« ギャグの夢 | トップページ | 仰木さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/7599439

この記事へのトラックバック一覧です: 4アウト:

« ギャグの夢 | トップページ | 仰木さん »