« 4アウト | トップページ | 納豆キムチ »

2005年12月16日 (金)

仰木さん

プロ野球の監督、仰木さんが亡くなった。
さいごまでプロの監督をやりぬいたその姿には、胸をうたれた。
あのダンディな姿が、もうグラウンドで見られないと思うとさみしい。

人の死は、避けられないもので、誰にもいつかは来る。
その日がくるまでは、生きることに集中していかねばならない。
いま、この瞬間を大事にすること。

言葉にすると、じつにシンプルなことなんだけど、これが実はすごく難しい。
われわれは、つい今を忘れてしまう。
とっくに過ぎ去ったものにこだわったり、まだ姿も見せていない未来ばかりを見つめてしまったりする。
そして、今この瞬間をついつい見逃したりしてしまうのだ。

今日は、やるべきことに手をつけられないまま、町に出て散歩した。
歩きながら、死んでいった人たちのことを思った。
お世話になった演出家、小学校の時の友人たち、祖母、大学の友人……
彼らの死が、僕に今を問いかける。

人は、その死によって、生きている人に、大きなメッセージを贈ってくれている。

|

« 4アウト | トップページ | 納豆キムチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/7651216

この記事へのトラックバック一覧です: 仰木さん:

» 名将、智将というより‘一緒に酒を飲みたい人’仰木彬氏逝く〜日... [なりぽん@厭離庵]
私が仰木さんの訃報を聞いたのは、昨夜の報ステの中だ。悲しいお知らせがありますと言う、前置きの後で、顔写真が映し出されて驚いた。死因が癌だと聞いて二度驚いた。以前から癌に冒されていたのは知らなかった。というか、つい数ヶ月前までユニフォームを着て監督を務め...... [続きを読む]

受信: 2005年12月16日 (金) 23時00分

« 4アウト | トップページ | 納豆キムチ »