« 納豆キムチ | トップページ | 書いては書き直し »

2006年1月28日 (土)

復活です。

ブログをずいぶん書いてませんでした。
いつも読んでくれていた方たちにはもうしわけありません。
心配をかけてしまったかもしれませんね。
何をしていたのかというと、『あっちの世界』に行ってました。

ぼくにとっての『あっちの世界』とは、物語の世界のこと。
昨年内に仕上げるつもりだった、高校生の卒業公演のための脚本が、どうにもすすまなくなってしまって、あっちの世界でうろうろとさまようことになってしまっていたんです。

僕なりに新しいチャレンジをした脚本なんですが、いろいろとやりたいことがありすぎて、迷ってしまいました。
毎日、その物語のことばかりを考えて、日常はすっかりおろそかになっていました。
実は、いまだに年賀状も読んでません。
今年、年賀状をおくっていただいたかたたちには、本当にもうしわけなかったんですが、どうにもそういう日常的なことをする精神状態になかったんです。

それでも、毎日すこしずつ前進していき、ようやく第一稿があがりました。
本番まで一月をきって、脚本の第一稿の完成というのは、役者さんたちにとっても負担をかけることになってしまいました。

お稽古のほうは、脚本があがった分からやってもらっていたのですが、やはり最後が見えていないと、役者さんたちは不安みたいで、本当にもうしわけなかったです。
自分たちが、どこにむかっているのかわからずに、進んでいかなければならないわけですもんね。
逆の立場になったら、本当に迷惑です。

このプロジェクトにかかった時点では、こんなに大変なことになるとは思ってもいませんでした。
いままで書いた芝居の脚本のなかで、もっとも苦労したかもしれません。
どうしてそんなに大変になってしまったかの分析は、あとでやることにして、いまはとにかくこの芝居を成功させるために、全力投球です。

今度は、脚本家から演出家の心にかわって、自分の脚本をできるだけ客観的な目線で、読み直します。
必ずしも必要ではないと思われるところをカットして、足りないところをフォローしていく。
そうして、完成台本へと近づいていきます。
本当の脚本完成への道のりは、ホントにながいんです。

ブログ復活の報告でした。

|

« 納豆キムチ | トップページ | 書いては書き直し »

コメント

園田さん、お疲れ様です!
最近、仕事中に時間ができて(笑)みんなのブログを楽しんでいるところでしたので、復活、うれしいです!
園田さんの今後のブログも楽しみにしてます♪

「現実世界と幻想世界を行き来できるのが本当に幸せな人だ」
と言ったのは寺山修二ですが
(人だったか芸術家とかだったかちょっとさだかでないですが)
まさにそんな感じ。
楽しくも苦しい長旅お疲れ様でした。
今度はまた芝居作り(演出)の長い旅が始まりますね。
がんばってください!

投稿: YUKA | 2006年1月30日 (月) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/8375350

この記事へのトラックバック一覧です: 復活です。:

« 納豆キムチ | トップページ | 書いては書き直し »