« 公演終了しました | トップページ | 脚本教室2回目 »

2006年2月22日 (水)

脚本教室再開

八王子脚本教室1

八王子の脚本教室を目指して、新宿駅で電車を待っていた。
楽して行こうと思って、特急あずさの指定券を買った。そしてたら人身事故とかで電車が遅れて、けっきょく30分以上も待つはめに。
ふつうの快速でいったほうが、よっぽど早く着いたよ。結局、開始時間に遅刻してしまうことになってしまった。
絶対に遅れまいと思ったときから、なんだか遅れるような気がしていたんだよねー。
やはり、予感はあたった。
わりとこんなことがある。おきることがわかってるくせに、あえてそれをしてしまうこと。
でも、それには、なにかの意味がかならずある。

シーンには、かならず意味をつけること。
これは脚本においても、絶対に必要なことだ。
意味のないシーンを書いてはいけない。
脚本家は、どのシーンの意味を問われても、答えることができなければならない。

今回の八王子市脚本教室は、年配の人から中学生まで、幅広い人たちが集まっていた。
けっこう経験者が来ているのかと思っていたら、はじめて脚本を書くという人が半数以上。脚本を見たこともないという人も、何人かいた。
それがわかった時点で、方針転換。
初心者向けのトレーニングに切り換える。

今回のメニュー。
まずはミーティング・アンド・グリーティング。(みんなでご挨拶)
次に名前クラップ。(名前をみんなで覚えるゲーム)
ちょっとほぐれたところで、脚本というものが目指すものは何かという説明を入れる。

『出会い』
脚本とは、作家と役者、役者と役者、役者と観客、劇場に集まって一つの芝居を見る人たち全員の出会いをつくるための、設計図なのだということ。
その出会いを、できるだけ幸せなものとするために、脚本は存在する。

物語作りのウォーミングアップは、まだまだ続きます。
全員で、ワンワードでの昔話作り。
おまけにラブストーリー。

このあと、簡単に物語がつくれる方法をレクチャー。
全員で、一人の登場人物を決めて、その人におきるトラブルを考える。それをつなげるだけで、物語のイメージがぐんぐん広がっていくことを体感してもらう。

さぁ、いよいよ自分の物語を書いてもらう、実習。
まずは、主人公の名前を三十秒で決める。
つぎに、その人物の好きなこと、嫌いなことを、それぞれ二分で考えてもらいます。
そこで、ふと新しいことを思いつきました。
主人公におきるトラブルを、23人の参加者が、一つずつ書きこんだらどうなるのか。
いままでは、その本人に思いつくかぎりのことを考えてくれと言っていたんですけど、本人だとどうしても発想の飛躍が制限されてしまいます。
他人の物になら、無責任に思いつくことが書けるのではないか。
それで、それぞれの用紙を、順番に回して、一つずつトラブルを書きこんでいくことにしました。

ここで不思議なことに、参加者の中から笑い声がおきはじめました。
自分が思いつくトラブルに、思わず一人笑いをしているのです。
彼らが、ちょっとしたいたずら心を楽しんでいるのがわかりました。
『そう、その楽しむ心が大事なんですよ!』『物語作りを楽しんでください』そう声をかける。

用紙が一周して自分のところに戻ってくると、この笑顔はさらに広がりました。
自分のキャラクターが思いもしなかったトラブルに巻きこまれることを想像したのです。
そう思いもしない展開が起きること。
これこそ優れたストーリーに必要なことなのですから。

次にシーンの会話を書いてもらうことにしました。
トラブルの中から一つを選んで、登場人物が誰かと話をしているシーンを五分間で書きます。
みんな夢中になって、この五分間を楽しんでいるのがわかりました。
中学生から、六十代まで、ふだんは会うこともない人たちが、一つの机をわけあって、それぞれの物語作りに取り組んでいる姿は、なんだか幸せな光景です。
ストーリー作りの神様、サンキューって感じで、ぼくはその光景をながめさせてもらいました。

最後に、希望者に、つくったシーンを披露してもらいます。
僕が相手役になって、セリフを読みました。
そこには、いくつものいきいきとした会話が生み出されているのでした。

ほんと初日にしては、いいんじゃないの。
しかし、二時間以上もハイテンションで語り続けた僕は、けっこうヘロヘロになって帰りの特急電車に乗ったのでした。

|

« 公演終了しました | トップページ | 脚本教室2回目 »

コメント

とっても楽しそうな教室ですね!
まだまだ子供が小さくてとても出来そうにないのですが、(それに八王子には通えません…)いつか出版されたら、是非買わせて頂きたいです。

投稿: なるみ | 2006年2月23日 (木) 15時24分

八王子の教室は、市のプロデュースです。
あと、出版の予定はありません。
たぶん。
このブログの過去ログを読んでいただければ、たぶん参考になるんじゃないかなぁ。

投稿: ジャッキー | 2006年2月23日 (木) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/8782201

この記事へのトラックバック一覧です: 脚本教室再開:

« 公演終了しました | トップページ | 脚本教室2回目 »