« 応援します | トップページ | キャラ募集 »

2006年4月26日 (水)

ローリング・ドラマ・ツアー4

ローリング・ドラマ・ツアー4回目

今回は、短い作品のプロットを全員が出し合って、それについて考えるというエクササイズをやった。
タイトルは『家族』
家族についての、十分間のミニフィルムを作るとして、そのストーリー案を書いてくること。
というのが、課題。

プロット創作の一回目に『家族』を選んだのは、一番身近で、誰にも身近にあるテーマだから。
参加した7人のメンバーが、それぞれ家族についてのプロットを作ってきてくれた。
人に個性があるのと同じで、おなじテーマについてでも、出来上がってきたのは、それぞれ個性あふれるストーリーばかりだった。

それらのストーリーの良いところはどこか。問題点があるとしたら、どこかを、全員で検討していく。
脚本が共同作業でつくられるということを、こういう話し合いをすることで、体感してもらう。
自分が気づかないことを、他の人は気づいていたり、新しい視点をくれたりすることがある。
脚本家は、それらの総合力を一つにしていく仕事なのだ。

次は、このストーリー案を、シナリオの前段階の、『ハコ』にしていく。
だんだんシナリオに近づいていくのだ。
ここで出来上がるであろう脚本の使い道を、ちょっと考えた。
やはり脚本ができたら、それを映像化したいものだ。
そのためには、何をしたらいいのかも考えていきたいと思う。
脚本を欲しがっている、映像作家とかもいるだろうしね。

|

« 応援します | トップページ | キャラ募集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/9772772

この記事へのトラックバック一覧です: ローリング・ドラマ・ツアー4:

« 応援します | トップページ | キャラ募集 »