« ローリング・ドラマ・ツアー3 | トップページ | 思えば会える »

2006年4月22日 (土)

プレゼント

Imgp2897 これは先月、出席した結婚式の引き出物。
ちょっと不思議なボトル。
入っていた解説書によると、このボトルに水を入れておいて24時間すると、まろやかになるという。
まろやか。
なんかいい響き。

飲んだ水がまろやかなのか、そうじゃないのか、それは飲む人の主観しだい。
まろやかだと思えば、誰がなんといおうとまろやかなのだ。
自由だと思えば、自由なのだ。

僕にはこのボトルが、すばらしく演劇的な装置に見えてくる。
水が変化するのだ。
見た目は何も変わっていないのだが、このボトルの中にちょっといただけで、中身が変わる(まろやかになる)のである。
演劇は、このボトルのようにありたい。

水変身ボトル。
これを僕にくれたEY君と、昨日話していて、ちょっと感動した。
ぼくは、結婚式の引き出物は、出席者はみんなおなじものをもらっているのだと思いこんでいた。
しかし、それは大きな間違いだった。
引き出物は、渡す相手ごとに、まったく違うものだったのだ。

つまりこのボトルは、僕のためにと彼らが考えて贈ってくれたものだった。
そうか、そうだったのか。
じんわりとしたうれしさが、こみあげてきた。
すまん、かってにみんなおなじだと思い込んでいて。
僕は、自分の無神経を反省したよ。

このボトルは、水をまろやかにしてくれると同時に、僕の心もまろやかにしてくれた。

|

« ローリング・ドラマ・ツアー3 | トップページ | 思えば会える »

コメント

引き出物といえばまとめ買いのイメージがありますものね。一人ずつ違うと言えば、プレゼントってかんじですね。

先日久し振りに、職場の人に(もう、親友に近いのかも)誕生日プレゼントを選んであげました。喜んでくれたのも嬉しかったけれども、選んでいる間、自分が幸せというと大げさですが、どきどきわくわく出来たことが格別に嬉しかった。何だか自分勝手な響きですが、しばらく忘れかけていた感覚でした。

演劇は観客がどう受け止めてくれるのか、どうやったらこちらの思惑が伝わるのかのかけひきのように思います。演劇をあまり知らないのに生意気言ってすみません。

余談ですが、背景にミネラルウォーターのペットボトルやら浄水ポットが見えますので、こだわりや試行錯誤を感じられました。きっと、EYさんもご存知だったんでしょうね。気のせいかな?

投稿: なるみ | 2006年4月22日 (土) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/9705162

この記事へのトラックバック一覧です: プレゼント:

« ローリング・ドラマ・ツアー3 | トップページ | 思えば会える »