« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

アニソンと出会い

博多に行ってきました。
ふだんとはまったく違う仕事。
公共機関からの依頼で、なんとか委員みたいなものをやることになったわけ。
着慣れないスーツを着ての会議です。
いやー、疲れました。

でも、そのまえに、ちょっと嬉しいできごとがあったんです。
羽田で、飛行機に乗ろうとしていたとき、目の前に知り合いの顔がありました。
ショッカーO野。D1000006
プロデューサーであり、司会から、番組の企画、ライダーショーの構成、出演など、マルチにこなす、まさにショッカーの怪人さま。
彼とはもう二十数年来の友人です。
なんと同じ飛行機で、博多に向かっているとのこと。彼のまわりには、一見して芸能人とわかる人たちが数人います。
いまから博多で、『アニメジャパンフェス2006』のライブがあるんですって。
どういライブかというと、有名なアニメ主題歌を歌っている歌手のみなさんが、その持ち歌を生で歌ってくれるという豪華なもの。
「ここで会ったのも、やっぱ縁だよね。時間あったら、見に来てよ」
ショッカーにそう言われたら、行かないわけにはいきません。
行ってきました。親不孝通りのライブハウスへ。

Photo いやー、予想以上に面白かったし、もりあがってしまいました、アニソンライブ。
知ってる曲が何曲もあるし、みんな歌唱力のある本格派の歌手のみなさんばかりだし、みんなトークもうまい。
会場全体が一体となってもりあがるさまは、ロックコンサートの乗りでした。
今回の博多ライブの出演者のみなさんは、以下の人たち。
串田アキラ・影山ヒロノブ・山田信夫・遠藤正明・米倉千尋・きただにひろし・三重野瞳・森口博子。
アニソンってやぱっり体に染みついてるものなんですね。
あっというまの二時間でした。ラストは、串田さんの『筋肉マン』。ついつい口ずさんでいる自分がいましたよ。
お客さんたちの多くは、アニソン好きの人たちだったと思いますが、これはもっと広いお客層にも通じるものだと思いました。

D1000005 帰りに、福岡の地下鉄に乗ったんですけど、車内に蚊が飛んでました。緑の足の下の黒い点が蚊君です。
やっぱり東京とちがって、のんびりしてるんです。
電車も混んでないしね。
ビバ博多!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

スーパーな夜

Sup06b スーパーな夜
急にスーパーマンが見たくなって、六本木ヒルズの映画館に行ってきました。
ここだと八時からの上映開始で、間に合いそうだったから。
でもお盆の日曜日の夜に六本木にいくなんて、自分の常識の無さに気づいたのは着いてからでした。
盆踊りかなかんが開催されてたらしく、浴衣のおねぇちゃんたちと、やる気マンマンの外人さんたちが、ウヨウヨガヤガヤ。
映画館からは、ドドーッと人が吐き出されてくる。
あちゃー、とんでもないところに来ちまった。席ないかもしれない。ここまできてから、それに気づくのって、ほんとにおとぼけ君です。
ちょっと焦り気味でケチットカウンターに行くと、案の定、残りの席はあとわずか。でも、さいわい一人だったので、壁際の席が残ってました。

僕にとってスーパーマンは、幼い時に白黒テレビで見た、元祖ヒーローともいうべき存在です。
ゴジラやアトムや鉄人やウルトラマンなどよりも先でした。
みんなマントをつけるだけで、スーパーマンになって、空を飛んだ気になったもんです。

なんといってもスーパーマンの魅力は、空を自由に飛べること。
空を飛ぶ快楽を最初に具現化したのはスーパーマンでしょう。

宮崎駿監督のアニメの魅力の一つは、映像を見ること(体験すること)で空を飛ぶ快感を味あうことができるということだと、僕は思っています。
このスーパーマンの映画でも、空を飛ぶ快感をたっぷりと味わうことができました。

神話の時代から、『空を飛ぶ』ということは、人類の憧れであり、夢でもあったわけで、映画が、それを取り入れてきたのは、当然のことだったのかもしれません。

おもしろいフライングシーンを見たい僕としては、楽しめる作品にしあがっていました。
ドラマは、スーパーマンの愛の苦悩と成長を描いてるんですけど、そのあたりもウェルメイドな脚本でした。
無責任な観客の立場で勝手なことをいわせてもらえば、もっと原作からはみ出すようなスーパーマンも見てみたい気もするんだけど、オリジナルを尊重しなければならないという制約のなかでつくるとしたら、こういうふうになっていくのも仕方がないと思ってしまいます。
内情がわかってしまうというのは、脚本家の病かもしれません。
でも、その制約から、すこしでもはみ出して作り手のパーソナルをいかに作品に混入していくかが、大事なんだよね。

で、スーパーな夜は、まだまだつづきます。
映画を見終わって、劇場を出て、駅に向かう通路の先には、あまり人が乗らないエスカレーターがありました。ちょうどそこは人通りのあるところから死角になっているんです。
そこに十人ほどの人だかりができていて、真ん中に浴衣を着た女の子が仰向けに倒れてる。
女の子は意識がないらしくピクリともしていない。
ただごとじゃないということが、すぐわかった。しかし周りの人たちも、どうすることもできずにオロオロしているだけ。救急車への連絡は誰かがしたらしく、それを待つしかないという雰囲気。
僕もただ見守るだけしかできない。そこにどこからか「この人、医者なんです」という女の子の声。そして若い白人の男が女の子のそばにひざまずき、まるでERのドクターがするように、瞳孔と脈拍を見はじめました。
一瞬にして空気が変わるのがわかった。危機感のなかに、すっと一瞬安堵感が流れたんです。
ほんと命がかかわったとき医者というものの存在が威力を発揮するかを、体感しました。そのときサイレンの音が聞こえてきて、救急車が接近してくるのがわかりました。少し離れたところに救急車が止まると、その場にいた若いサラリーマンが駆けて行き現場に誘導してきます。名も知らぬ見知らぬ人たちが、連携プレーをしています。それはちょっといい光景でした。そのとき浴衣の女の子の意識が戻ったようだった。僕にはもう何もできそうなことはないと思ったので、女の子の無事を祈りつつ、その場をそっと離れました。

ほんのちょっと前まで、スーパーマンのファンタジー世界に行ってたはずなのに、いきなり現実のサスペンスが割り込んできて、僕は不思議な感覚のまま、駅へと歩きました。現実が、みょうに現実的に感じられないまま。どこかでまだ映画が続いているかのような感じなんです。

「ノミホウダイ、ノミホウダイ、ノミホウダイ」
いきなり肩ごしに若い黒人が話しかけてきた。
ふいをつかれて、僕はドッキリ。
相手が何を言っているのか頭では理解してるんだけど、体が反応しない。
外国人に話しかけられたという意識があるので、体は英語を話そうとしてるんだけど、聞こえてきている言葉が日本語なので、心と体が混乱して、言葉が出てこないのだ。頭では日本語で答えようとしているのに、体は英語を使おうとしているわけ。
これまた奇妙な感覚を味わってしまいました。
外国人の多い六本木ならではの感覚かもね。

メトロの乃木坂駅のトイレに入ろうとすると、その前で白人男性と浴衣の日本人の女の子のカップルがなにかいちゃついている。
二人は、そのまま女子トイレの中に消えて行ってしまいました。
おいおい、おまえら何するつもりなんだよ。
心でつっこみながら、走り込んでくる地下鉄に飛び乗るのだった。

Photo_1 自宅のある駅で降りて、ちょっと水でも買って帰ろうとコンビニに向かいました。
するとコンビニの前のタバコの自動販売機の前で、喪服に身をつつんだ年配の女性が二人、タバコが買えずにモタモタしてました。お通夜か葬式の帰りに一服したかったんでしょう。でもとっくに十一時は過ぎてるので自販機は販売中止になってます。それに気づかずに彼女たちはコインを投入し、『いったい、どうなってるのよ?』状態になっているのが、みえみえです。

自分で言うのも変ですけど、僕は田舎育ちで、お年寄りには親切にするというのが、子供のときから体に染みついてます。
それで瞬間的に、その喪服のコンビに声をかけていました。
「もー遅いんで、それ販売中止になってるんですよ。たばこなら店の中で買えますよ」
僕としてはしごく普通に言ったつもりだったんですけど、おばさんはなぜか、『ギャーッ』って悲鳴をあげて飛び上がってしまいました。
そんな脅かすつもりはまったくなかったんですけど。
僕はすっかり気まずくなって、コソコソとコンビニに入っていきました。もちろんおばさんたちも気まずかったらしく、「もー、自動販売機でタバコ買えないんだもん」となぜか声高に宣言しながらコンビニに入ってくるのでした。
いったい誰に言ってんだよ。

深夜のコンビニでは、消費期限になったパンを半額セールしてました。床近くに置かれたワゴンのなかには、売れ残りの菓子パンが山盛り。
そのワゴンの前に、ペタンと座り込んだ一人の少女がいた。
僕は見てはいけないものを見てしまった気がしました。彼女は、あきらかにやせすぎで、骨が浮きだした背中をまるめて座りこんでいる。両手でいくつもの菓子パンを抱え、一心不乱にパンを選んでいます。それは鬼気せまる光景です。
摂食障害。
僕の目のなかに、そんなテロップが流れます。

おばさんたちには親切に声をかけることができても、この女の人には何もしてあげられません。
目の前で気絶し倒れている人には、無償のボランティア精神で手当てをしてくれる人たちが、たくさんいます。親切な人は、実際けっこういるんです。
しかし、困ったり、苦しんだりしている人には、声をかけることも難しいのが、この都会です。
まったく不思議なところです。僕たちが暮らしている世界は。

映画館から家まで帰ってくるまでの、ほんの30分くらいの出来事でしたけど、いくつもの人生を切り取って見た気がしました。
それぞれの断片をうまく表現できたら、けっこう面白い映画ができるんじゃないかと思いつつ、僕のスーパーな夜は終わったのだった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

親指シフト

Imgp3034 携帯につづいて、買ってしまいました。
新しいノートパソコン!
九月の取材旅行にそなえて新型投入でございます。
これからは、こついとともに世界を旅するのだ。
こいつの名はフジツーライフブック。

僕は、ずっと富士通さんのワープロからパソコンを使ってます。
どうしてそうなのかというと、このキーボードに注目してください。
今ではほとんどの人が目にしたことのないキー配列だと思います。
Imgp3035 これが伝説のキーボード、『親指シフト』だ!

JIS配列とはまったく違うコンセプトでつくられたこの日本語キー配列は、日本語を打つには、本当に使いやすいんです。
しかし、もともと富士通独自のキーボードであったがために、全国的に普及せず、今では日本全国に約20万人くらいの親指シフターだけが残っているものと思われます。
ずっとこのキーボードを使っている僕は、もうこれ以外のキーボードを使う気はさらさらありません。
ですから、こういうノートパソコンが出たとなると、ぜがひでも買っておかねばという気持ちになってしまうというわけ。

Imgp3036 いったいどこまで生き残ることができるのか、親指シフトキーボードを愛する者たちは。
でも、本当に使いやすいんですよ、このキーボードは。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2006年8月18日 (金)

機種変更

Imgp3032 一年十カ月つかっていたMOVAの携帯を、ついにFOMAに機種変更してしまいました。
ジョグダイヤルのやつを使っていたので、どうしてもそれと同じタイプのやつが欲しかったんで、これにしました。
名前はスピードセレクターに変わってるけど、こいつはまちがいなくジョグダイヤルだ。
S社から、D社に変わってるけど、まちがいなく後継機種だぞ、こいつは。

Imgp3033 まえのはシャキーンって、文字盤が回転して、ボタンが現れるやつだったけど、今度のは、チャリーンって、スライドしてボタンが出てくる。

昨日は、新しい機種の機能とかを知りたくて、いろいろいじってたけど、今日になってなんだか前の機種がなつかしくなってしまった。
まだ使えたし、ずっと一緒にいてかわいがっていたのに、なんで僕は新しいのに変えてしまったんだろう。
古い機種が、なんだか悲しそうにしてるような気さえしてきます。
やっぱり前のやつのほうが手になじんでいるんだよなぁ。
新しいやつは、まだよそよそしい感じがします。
そりゃ、機能とかは、すごく進化してるし、画面も大きいし、カメラの画素数なんてデジカメなみだし、もうしぶんないんだけどね。
でも、もうあともどりできないので、この新人と一緒に歩いていくことにします。

ストラップだけは、十年前から同じものを、ずっと使ってます。もうピカチュウの色がはげちゃってるけど、なんだか捨てられないんだよねぇ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

喉を痛める

喉をやられました。
冷房つけて寝てたのが、よくなかった。てきめんです。
今回の喉は、いままでに体験したことがないくらい痛いです。
ご飯を飲みこむのも痛いので、よく噛んで食べてます。
これをつづけるとかえって健康になるかもね。
ちかごろ太りすぎなので、食欲が押さえられていいかもしれません。
転んでも、ただでは起きないぞッ!Imgp3019

昨日は、盆休みから東京に帰ってきて、そのままローリングドラマツアーをやりました。
今回の参加者は、ちょっと少なく、岩井、金子、JOUさんと、僕の四人。
岩井くんが、次回作の構想を書いてきたのと、金子くんが出来上がっていたプロットのオープニングシーンだけを書いてきたので、それを全員で読むことに。
JOUさんは、ダンス雑誌に書いた記事を持ってきてくれました。
コンテンポラリーダンサーとして活躍するJOUさんは、ちかごろライターとしても仕事の幅を広げてるようです。なんにでも挑戦するその姿勢やよし。それにこの人、演劇や脚本についての鑑賞眼もしっかりしているので、あなどれん。アドレナリン。

しかし今回は、ちょっと雑談が多くなってしまった体感脚本講座でした。でも、ときにはこういう回も必要。雑談のなかから、いろんなアイディアも出てくるというもんです。
それぞれ、これから年末に向かっての計画やスケジュールなどを確認して、またそれぞれの場に向かっていくのでした。
みんな、がんばれッ!

写真は、ふるさとの実家から十分くらい車で走ったところにある、お気に入りの森。朝日をあびてます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

ドラマツアー

ローリングドラマツアー再開Imgp3002

  ハイバイの公演もおわって、僕のほうもちょっと落ちついたので、ローリングドラマツアーを再開しました。
  舞台系の作家が集まってるんだけど、映像の脚本でもきちんと金のとれるものを書けるようになろうっていうのが、今回のツアーの目的。
 まずは、短編シナリオを書いてます。
 このなかからも、きっといい作家が誕生することでしょう。

 来年のポケモン映画のストーリーも、だんだんかたまってきました。
 お盆休みが終わるまでにはなんとかかためて、脚本を書き始めます。

 ちょっとお盆休みにはいります。お盆あけに、またお会いしましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

デバイジング

三日間。『デバイジング』のワークショップに参加してきました。
これは何かというと、演劇の脚本の集団創作のやりかたについての、体験講習会です。
脚本の集団創作なんて言っても、演劇に無関係の人には、なんのことやらだと思います。Imgp2997

divide
ディバイドには、わけるとか、分類するとか、賛否を採決させるとかの意味があります。
つまり、みんなでわけて、決めていこうって感じです。

脚本は、一人で書くものなんじゃないの?
そう思われている人がほとんどだと思います。
そのとおり、普通はだいたい一人で書くわけなんですけど、このデバイジングでは、それを参加者(役者やスタッフ)が全員で作っていくというやりかたで作り上げていくんです。
ロンドンに、このやりかたで何年もやっている劇団があって、そのメンバーの一人(ドリュー)が、日本に教えにきてくれました。

僕も、この何年か、芝居の集団創作について興味があって、自分でもいろいろとチャレンジをしていたので、他の人がどんな方法でやっているのか知りたくて、このワークショップに参加したわけ。

結論からいえば、僕が考えていた方法を、合理的に整理してもらったって感じで、すごく楽しく、有益でした。
ストーリーが出来上がっていく過程という点では、一人でやるのも、集団でやるのも、実は同じなのだということが、あらためてわかりました。
集団でやることの利点は、作品に客観性が持てるということと、孤独にならないということ、そして、その過程で即興を楽しめるということなど、いくつもあるような気がします。
ただ、一つの作品をつくりあげるのに、かなりの時間とエネルギーが必要なので、それを同時にやっていける、仲間の構築が大事ですね。
これは、何をやるときも同じか。

デバイジングのやり方について、ここでは詳しく書きませんが、どこかでやってみたいと思います。

それにしても夏の真っ盛り、朝の十時から夕方六時まで、稽古場にこもった三日間は、けっこう充実でした。
『物語作り』は、ほんとに面白い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

サラダにこる

いろいろみなさんに心配かけてたみたいで、すみません。コメントくれた方々、ありがとうございます。はげまされました。ちょっと落ち込み気味で、人に発信できる感じじゃなかったんですけど、かなり復活してきました。

で、サラダ作りに、ちかごろこってます。いままで料理などしたこと、まったくなかった男が、サラダつくって野菜食べるようになりました。緑と赤と黄色の野菜を主に食ってます。大量に。Imgp2996 これは昨日の作品。どうですか。

昨日は、一つ、仕事のめどが立ち、気分はじょうじょうでした。やはり創作は、人に認められてなんぼですなぁ。

あと、劇団員だった佐藤大介が自分の小説が本になったと送ってきてくれました。タイトルは『サルト』岩槻大介の名前で、新風舎から出版されてます。定価は1300円。

うちの劇団出身には作家になったやつがけっこういて、直木賞とかとっちまったやつもいるんだけど、自分の本を、僕にこうして送ってきたくれたのは、岡崎純子と佐藤大介だけ。涙が出たよ。うれしくて。読んだら、ちゃんと感想書かなきゃ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

親友・俳優・中村

盟友で、盟友の、中村和三郎が出演している舞台を見に行った。

『広島の姉妹』、(スタジオバリオ)。オフィスサエが、毎年この時期、やっている広島シリーズの一本。原作は、作家・山本真理子(岩崎書店)。広島で被爆した少女のモノローグで、平和だった日常が、一瞬にして壊れてしまうさま、そこに生きていた人たちの生々しい現実が語られる。

Kodomo8

いろんなことを考えた。高校生くらいに、見せたい芝居だと思ったのは、おれが大人になったってことなのか。

いまも中東では、戦争のまっただなかだ。悲劇はつづいている。それから目をそむけてはならないと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

今年もポケモン映画公開中

今年も、ポケモン映画が、全国公開中です。

1 初日の舞台挨拶の楽屋訪問。これもこうれい行事にしちまった。

ちょっとブログさぽってましたけど、ボチボチ再開します。

脚本講座も、まだまだつづけるよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »