« バロセロナ2 | トップページ | ガウディ »

2006年9月11日 (月)

バロセロナ1

3_001 3_003 朝から監督たちは、山のほうに取材に行くことになったが、俺はホテルに残ってストーリーのプロットを書くことにした。
なんたって、この旅の間にストーリーを一つ、完成させなければならない。
じつは相当追いつめられている状況なのだった。
スケジュール的に、かなりきつくなってきていると、プロデューサーはプレッシャーをかけてくる。
ここを切り抜けなければ映画へはたどりつけないのだ。

なんでバロセロナまできて、ホテルにこもらなきゃならないのと思いつつ、俺の頭のなかではストーリーがぐるぐる動いている。なんか書けそうな気が、おとといあたりからムクムクともりあがってきている。山岳地方の取材もしたかったけど、ストーリーにもっと寄り添いたかった。3_005

同行のスタッフが乗り込んだバスを見送ったあと、ホテルの近辺を一人でちょっと散歩。
朝は、昨夜の大騒ぎとはうってかわって人通りもまばらで、空気もさわやか、気分爽快。
ホテルは、カタルーニャ広場のすぐ近くだった。
僕は一人で散歩が大好きだ。

通りを、ぐんぐん歩いていくと、いろんなものが見えてくる。町の風景が、心に飛びこんでくる。
コロンブスさんが、通りのはずれに立っていた。

3_025

3_031

3_047
その向こうには地中海。彼が指さす先には、きっと新大陸があるんだろう。
海辺にはボードウォークがあって、水族館につづいてた。
水は、想像以上にきれい。東京湾の汚い水を見なれてるせいか。ぜんぜん泳げます、この海なら。
でっかい魚が、すぐそこを泳いでました。

3_063

3_068

3_074 山から帰ってきたスタッフと合流して、郊外にある公園に行く。
ここはガウディがデザインした場所。
すばらしい。
ガウディが、大きな共同体を夢想していたらしいが、その断片でも十分、美しい。
この庭に、ずっと座っていたかった。
今度の映画では、美しい庭を大きな要素としてあつかうつもり。

|

« バロセロナ2 | トップページ | ガウディ »

コメント

うわっ!うわっ!!うわぁ~!!!感動のあまりことばになりません・・・(感動の涙)

本当に素晴らしい風景!ガウディさんがデザインした庭は、芸術そのものですね!まるで、異空間に引き込まれそうな感覚さえ覚えます。

この素晴らしい芸術を目の当たりにできること、これもひとえに、ジャッキーさんの心のこもった、抜群のカメラアングルの素晴らしさに尽きると思います。

さてさて、いったいどんなストーリーが生まれてくるのでしょうか・・・?わくわくドキドキ、今から期待に胸弾み、心躍ります!!

投稿: ゆみりん | 2006年9月14日 (木) 13時33分

早くも続き読ませていただきました♪

白く輝いたバロセロナの街並みが綺麗ですネ☆
並木道や石の階段、コロンブス像の指す先にある地中海…。どれをとっても素敵な景色に、自分も思わず見入ってしまいました(^ー^)
この景色をふんだんに駆使した作品を見れると思うと、とっても楽しみな気分になってきます★

そろそろ自分も新しい物語を作るプロジェクトをスタートさせようと思っているので、ジャッキーさんのように素敵な景色を探す旅に出てみようと思っています♪♪♪
(学生なんで、近場しか行けませんが…;)

ストーリー作り、ガンバってくださいネ(^▽^)/

投稿: Taka☆ | 2006年9月14日 (木) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/11890379

この記事へのトラックバック一覧です: バロセロナ1:

« バロセロナ2 | トップページ | ガウディ »