« 迷路探検 | トップページ | 帰国しました »

2006年9月12日 (火)

ホテルで仕事

4_043 サクラダファミリアを見たあと、僕は一人だけホテルに戻って仕事。
とにかくストーリーを前にすすめる。
スペインに来て、体験して、見たことが自然とストーリーに現れてくる。
不思議だ。
やはり体と脳はつながっているんだね。
外側からの刺激で、脳のなかのストーリーが自動的に出来上がって行く。
乗ってきたって感じ。

監督が取材から帰ってくるまでに打ち合わせができるように仕上げようとがんばった。

できあがったストーリーは、監督もかなり気にいってくれた。
なんとかなりそうな気がしてくる。
まだまだ完璧というわけではないが、方向性はまとまってきた感じ。

4_002 4_009

食事の時間まで、小一時間あったので散歩に出る。
ホテルの近場を探索することにした。
いきなりデモ隊に遭遇。
なにを訴えてるかはわからなかったが、デモをしている人たちの雰囲気から、なんかかなり過激派っぽい感じ。
ちょっと離れて観察することにした。
デモ隊は、警官隊にかこまれて整然とデモをつづけていたけど、太鼓と笛で拍子を取る姿は、なんとなくサッカーのサポーターを連想させた。
ラテンだ。あくらかにラテンだ。

4_015 4_018 4_036 4_029

少し歩くと、これもガウディの建築物としては有名なバトリョ邸の前に出た。
仮面をおもわせる窓が印象的な建物だ。
建物の中が見学できるようになっていた。閉館時間が近かったけど、運良く入ることができた。
どれもこれも素晴らしいデザイン。
解説を聞くと、ジューヌ・ベヌルの『海底二万マイル』に触発されたんだって。
百年ちょっと前のパリ万国博覧会の頃のヨーロッパって面白かったんだろうなぁ。

晩御飯は、また肉を食ってしまった。4_039

|

« 迷路探検 | トップページ | 帰国しました »

コメント

サクラダファミリアやアパートだけでなく、その他にもガウディの作品が残されていたのですネ☆
外観だけでなく、中の様子も細部にいたるまでこだわった仕上げが、とっても素敵です♪

自分も建築の勉強をしていたので、斬新なデザインの建築物には大変興味があります(^^)
(「蒼海の王子」に出てきたアクーシャも、とっても素敵でしたよ★)

出来上がったストーリーを監督さんも気に入ってくださったみたいで、本当によかったですネ♪
完成を楽しみにしております!!

投稿: Taka☆ | 2006年9月18日 (月) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/11936852

この記事へのトラックバック一覧です: ホテルで仕事:

« 迷路探検 | トップページ | 帰国しました »