« ぎりぎり | トップページ | 笑おう »

2006年10月31日 (火)

緊急対策をしてほしい

いじめによる自殺の連鎖が起きてます。
すぐに何か緊急手当てをしないと、この連鎖はつづいてしまいそうです。

なんかいいアイディアはないかなぁ。
いますぐに出来ること。
いじめを感じて、息苦しくなって、自殺まで考えてしまった子供を、なんとか思い止まらせる方法。

今をなんとか乗り切る方法。
ほんのちょっとしたことが、彼らにストップをかけられるはずなんだけどなぁ。

こないだテレビで、ヤンキー先生がラジオのパーソナリティをやってるところを放送してました。
ラジオを聞いて、ヤンキー先生に相談の電話をすることで、相談者が少しだけ落ちついたりする様子がありました。
「顔が見えないから、声だけだから、相談することができる」なんてことも相談者である、子供は言ってました。
たしかにそういうことあると思った。
いじめ問題とか、ほんとに隠しておきたいことだからこそ、おおっぴらには相談できないわけで。
そんなふうに匿名で、誰にも知られずに相談できる人や場所がもっとあれば、緊急事態の心を休ませたりすることもできるのかもしれません。

ヤンキー先生だけに仕事を押しつけるわけにはいかないけど、もっとこういうラジオ番組があればいいと思います。
ラジオだけじゃなく、テレビとかでも、子供たちが匿名で自分の悩みとか、身の回りで起きているトラブルを相談できる場所があれば。

各テレビ局は、深夜枠でいいから、そういう番組をつくってくれないかなぁ。
この問題にかんしては、国が予算を出してくれてもいいと思う。
若い命を守るのは、国の使命でもあるわけだし。

視聴率とか取れないかもしれないけど、危機的状況にある子供たち向けの、相談番組が作れないかテレビ、ラジオ関係者は検討して欲しいもんです。

みのもんたさんも、おばさんの相談ばっかりじゃなく、子供の相談にものってあげて欲しい。
ジャニーズ事務所、ロックスターも相談に乗ってほしい。
総理大臣も直接子供の相談に乗ってほしい。
このさい偽善でもなんでもかまいません。
命が救えればそれでいい。
直接、ピンチの子供と話をしてほしい。

僕も、何かやれることを、やろうと思います。

|

« ぎりぎり | トップページ | 笑おう »

コメント

ジャッキーさんのお考えに大賛成です。校長の記者会見にしても、いじめ「0」の発表にしても、聞いていて腹立たしくなることがあります。本当に、もどかしい・・・

家出人捜索とか、犯人の目撃情報を求める番組とかのように、全国からの電話での相談番組でも企画していただきたいと心から思います。

遺書を書かなければならない状態に陥らないように、指導して行くことが最重要だと思いますが、どうせ遺書を書くのなら、いじめた人の名前を、しっかりと書いておくことも、重要だと思います。「名前を書かれていたら困る」という心理から、いじめが減少していくことは、望めないのでしょうか?

私には、一体何ができるのだろう・・・

投稿: ゆみりん | 2006年10月31日 (火) 11時40分

すべての子供たちの心の弱さを強化するのがいいのでしょうが、間に合いませんね。

やりたいことがあれば、乗り切れるかな…

投稿: なるみ | 2006年10月31日 (火) 13時01分

僕も賛同します!!
やれることを見つけよう。
今すぐ、見つけてみよう。
些細なことでなにかが変わるかもしれない。
偽善とかじゃない。
単純に、いやなだけだ。
ハブとかシカトとか、ダサいじゃん。
ロックじゃねぇよ。
特に小学生なんかは、笑っているのが仕事だろ。
笑わせてやれる方法、もしかしたらすぐ近くに転がっているかもしれない。毎朝賑わう通学路の端っこあたりに。

今に始まったことじゃないし、このまま傍観してたら結局マスコミが煽るだけの、流行の話題で終わりだぜ。飲酒運転の次の。
辛うじて生きている子供がこの瞬間にもたくさんいるってこと、大人はまず気付こうよ。

投稿: daisuke | 2006年11月 1日 (水) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/12498977

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急対策をしてほしい:

« ぎりぎり | トップページ | 笑おう »