« ミュージカルを書こう | トップページ | 過去からの電話 »

2007年10月31日 (水)

コミックポテンシャル

 下北沢で、加藤健一事務所の公演『コミック・ポテンシャル』作、アラン・エイクボーンを見てきた。

 友人の女優、西山水木が出演しているのもあるけど、アラン・エイクボーンの作品は、やはり見ておきたかった。
 アラン・エイクボーンは、コメディをたくさん書いている、イギリスの劇作家。
 もう、同業者としては、大大大先輩だ。

 もちろん僕なんかよりも、ずっとずっとすごい人。
 なんでこんな面白いコメディが書けるのか、本当に、尊敬してしまいます。
 もちろん嫉妬も感じますけどね。

 主役は、加藤忍。
 加藤健一事務所の常連さん。
 すばらしい女優さんになりましたねぇ。
 今回のジェシー役、ずっごくよかったぁ。
 声もいいし、明るさと、悲しさがにじみだす演技には、清潔感があふれてて、好感度抜群。
 こういうキャラクターには、ほんとはまります。
 加藤忍の、ジェシー役を見るだけでも、劇場に足を運ぶ価値ありです。

 これからツアーで、各地を回るみたいなんで、チャンスがある人は、見た方がいいですよ。
 チャンスといえば、芝居の中での演出家のニックネームでした。

|

« ミュージカルを書こう | トップページ | 過去からの電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/16928176

この記事へのトラックバック一覧です: コミックポテンシャル:

« ミュージカルを書こう | トップページ | 過去からの電話 »