« 過去からの電話 | トップページ | 今年もいろいろありがとう »

2007年11月29日 (木)

青年が会いに来た

  先日、電話で話をした同級生の息子が、僕に会いに来た。
 19歳、役者志望。
 四月に上京してきて、現在、タレント事務所の養成所で、週に9時間のレッスンを受けていると言う。
 外見は、高校生の時の彼の父親によく似てる。
 まだどこかに少年のおもかげをのこした、どこにでもいる普通の青年だ。
 中学卒業まで野球部にいて、高校では何もしてなかった。
 テレビドラマの俳優にあこがれて、役者の道を志したのだ。

 こんな青年を前にして、僕はいったい何を言えるのだろう……
 会うとは言ったものの、実際、僕はどうしていいかわからずにいた。

「きみ、東京に来て、なにかお芝居とか見た?」
「いえ……」
「じゃあ、いままで芝居を見たことは?」
「テレビとか映画でなら」
「そっか……」

 僕は、ひとしきり彼に語りかけた。
 東京が世界でも有数の演劇都市であること。
 役者になるためには、たくさん芝居を見ることが大事だということ。

「野球をやるためにも、まずはキャッチボールのしかたと、バットの振り方を覚えるだろ。それに、ランニングするために足腰も強くなくちゃならない。そして、ルールを覚えて、はじめて試合ができる。芝居も、野球も、おんなじだよ」

「じゃあ、映画は、何本くらい見た?」
「五本くらいです」
「四月から、5本?」
「はい……」
「そっか……」

 僕は、さっきよりも、少し熱っぽく語りかけた。
 映画もたくさん見たほうがいいということを。
 養成所での発声練習や、歌の練習も、必要なことではあるけど、その前にやってなきゃならないことがたくさんあるということ。
 そして、19歳なら、まだまだ遅くはないということ。

 養成所には、一年で百万円くらいの授業料を払うと言う。
 百万円あったら、2500円の芝居が、400本見られる。
 一本300円のレンタルDVDが、3333本借りれるのだ。

「今の君には、まず役者としての、基礎体力をつけることが大事だと思う。19歳でしょ。『東京』という大学に入ったと思って、勉強してください。まずは、一月に最低20本の芝居を見てください。そして、映画を、毎日見てください。そして、ノートに、感想を書いて。芝居や映画を見て、自分が何を感じたか。そしたら、一年で芝居を240本、映画を365本見たことになる。感想のノートは、たぶん5冊くらいになるから。それ、やってみて。そしたら、絶対、なにかが見えてくるし、自分に自信もつくから」

 芝居と映画を見て、それについての記録と感想のノートを作ること。
 これは僕が十代の終わりからやっていたことだ。
 一月に20本の芝居を見ることは、さすがにハードルが高いと思うが、モチベーションを持っていけば、無理なことではないはずだ。
 映画に関しては、楽勝だと思う。

 二十歳で、一年に240本芝居を見た男がいたら、その青年はきっと日本一芝居に詳しい二十歳になれるはずだ。
 そんな一年を過ごすことができたとしたら、すこしは役者について語り合えるようになるだろう。
 そこが彼にとってのスタートラインになる。

 人は何かになりたいと思ったときから、もう何かになりはじめている。

|

« 過去からの電話 | トップページ | 今年もいろいろありがとう »

コメント

そのとおり。
昔、甲本ヒロトもラジオでおんなじことを言ってた。
――パンクロッカーになるには、マイクもギターもいらない。朝起きて、よし、俺は今日からパンクロッカーだ、と思えばいい。思った時点で、もう、なっているんだ――。

観ることだけじゃない。観て、感じることが大事なんだ、とジャッキーさんは言いたいのです。でも、とりあえずは何も考えないで、目とか頭とか一部分の機能だけではなく、なりふり構わず全身で観てみよう。芝居でも、映画でも。
がんばれ19歳!

投稿: daisuke | 2007年11月30日 (金) 01時40分

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2007年12月 4日 (火) 11時33分

1980年代、演劇を志す高校生だった僕も
日々、2月公演とか卒業公演や新人公演といった
劇団の無料公演やワークショップに日参。
アル月に見た本数は有料、無料を合わせて
50本に上り、未だに『何をどうやって』観れたのかは自分でも不明。
まさに夢のような時間でしたね。
がんばれ!青年!

投稿: とと | 2007年12月 5日 (水) 00時39分

今後サポートをすることが無いのでしたら、無難に「頑張れ!」の一言で良かったんじゃないんですか・・・。

投稿: evian | 2007年12月 9日 (日) 06時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/17224495

この記事へのトラックバック一覧です: 青年が会いに来た:

« 過去からの電話 | トップページ | 今年もいろいろありがとう »