« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

2007年12月29日 (土)

スーパーの女

51xm30gnjel_aa240_1 NHKのBSでやった『スーパーの女』を見ました。

監督脚本・伊丹十三、主演・宮本信子

  公開は十一年前。なぜか見逃してました。
  いやー、面白かったなぁ。
 脚本が良くできてます。もちろん演出も見事。
 いまさらながらに伊丹監督に拍手です。

 今年は食品偽装問題に揺れた年でしたが、この『スーパーの女』には、偽装問題の核心が見事に描かれていて、ものすごくタイムリーでした。
 この映画を見ていたら、食品偽装なんてしちゃだめだってこと、誰にでもわかるのに。

 偽装問題とかを別にして、一本の映画として、エンターテイメントだし、笑えるし、痛快だし、言うことなしでした。
 脚本の構成は、ほんとにお手本になります。
 このままハリウッドでリメイクしても、十分当たると思うなぁ。
 ただし、アメリカと日本では、スーパーの実情がかなり違うとは思いますが。

 クライマックスへの持っていきかたが、少々強引な気もしますが、映画的なしかけとして観客を楽しませようという、作り手のサービス精神があるので、まったく気になりません。
 いや、逆に、こうでなきゃって感じです。

 エンターテイメントとは何かを、教えてくれる作品の一つですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

今年もいろいろありがとう

この体感脚本講座のブログも、もう何年かづづけてますが、このところ書きこみが少なくてすみません。

脚本家の人たちのためになるようにと始めたブログですが、自分の毎日の仕事や雑事に追われて、なかなか気が回りませんでした。

日記的なものは、ミクシィで書くようになったのも、このブログへの書きこみが減った理由かもしれませんけど。

それでも、このブログはつづけていくつもりです。

そんなこんななか、鳥栖市の図書館から依頼されて、そっちでは本とかについてのブログを書くことになりました。

こっちです。覗いてみてやってください。

http://librarytosu.sagafan.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »