« 今年もいろいろありがとう | トップページ | 脚本コンクール »

2007年12月29日 (土)

スーパーの女

51xm30gnjel_aa240_1 NHKのBSでやった『スーパーの女』を見ました。

監督脚本・伊丹十三、主演・宮本信子

  公開は十一年前。なぜか見逃してました。
  いやー、面白かったなぁ。
 脚本が良くできてます。もちろん演出も見事。
 いまさらながらに伊丹監督に拍手です。

 今年は食品偽装問題に揺れた年でしたが、この『スーパーの女』には、偽装問題の核心が見事に描かれていて、ものすごくタイムリーでした。
 この映画を見ていたら、食品偽装なんてしちゃだめだってこと、誰にでもわかるのに。

 偽装問題とかを別にして、一本の映画として、エンターテイメントだし、笑えるし、痛快だし、言うことなしでした。
 脚本の構成は、ほんとにお手本になります。
 このままハリウッドでリメイクしても、十分当たると思うなぁ。
 ただし、アメリカと日本では、スーパーの実情がかなり違うとは思いますが。

 クライマックスへの持っていきかたが、少々強引な気もしますが、映画的なしかけとして観客を楽しませようという、作り手のサービス精神があるので、まったく気になりません。
 いや、逆に、こうでなきゃって感じです。

 エンターテイメントとは何かを、教えてくれる作品の一つですね。

|

« 今年もいろいろありがとう | トップページ | 脚本コンクール »

コメント

こんにちは、
僕もNHKのBSでやった『スーパーの女』を見ました。年末放送されたことはタイムリーだったけど、10年以上も前に映画で指摘されたことが、今になって問題になっているというのは、何とも遅すぎるって気がします。

投稿: おーくぼ | 2008年1月10日 (木) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/17512314

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーの女:

« 今年もいろいろありがとう | トップページ | 脚本コンクール »