« 公演情報 | トップページ | 稽古場日記2 »

2008年2月10日 (日)

稽古場日記1

高校生の公演は、じつに動員力がありません。
そりゃそうですよねー。
アマチュアの高校生のお芝居を、わざわざ見に来てくれるのなんて、同級生から家族くらいです。
しかし、家族でも、ちかごろは来てくれなかったり、だいたい家族の人数が少なかったりします。
ましてや、この学校は、同級生が少ないんです。
したがって、観客動員力がありません。
遠くから、通学してる子も多いので、なかなか地元の人を呼ぶのも大変らしいのです。

僕としても、ガラガラの観客席でやるのは、寂しいので、これからあと十日は、観客動員にむけての活動をブログでもやりたいと思います。

まずは稽古場レポート。

今日は、十時間稽古でした。
朝の九時半に集合して、夜の19時半まで。
トータルで十時間、稽古してました。
いままで稽古が足りてませんでしたけど、これからの約十日で取り戻すつもりです。

さすがに僕は、集中力、体力とも後半は、ばててしまいましたが、高校生は若いです。
最後の一時間は、ダンスの特訓だったのですが、みんな疲れ知らずで、踊ってました。
若さってすごいなぁと思います。

そして、今回の芝居のストーリーは、こんな感じです。

『トビラ  ~未来は、今でできている~』

 2081年の未来。老人ホームに偶然あつまった老婆たち。彼女たちは、大昔、おなじ高校のチアリーダー部の仲間だった。
 彼女たちには、忘れられない共通の思い出があった。リーダーの初音が卒業を前にして、交通事故で死んでしまったことだ。
 もう一度、初音に会いたい。そして、できることなら彼女を救いたい。それは副部長だった夏子の夢だった。
 そこにひ孫の夏樹が、ポンポン型のタイムマシンを持って駆け込んでくる。
「おばあちゃん、ついにタイムマシンが完成したよ!」
 ついにおばあちゃんたちの、時を超えた冒険が始まる。過去に戻って親友を救うのだ!
 しかし、時間管理局は、おばあちゃんたちを阻止しようとする。
 歴史は変えられるのか!? 変えちゃっていいものなのか!? そして、おばあちゃんたちの体力はもつのか!?
 タイムマシンで過去に戻れる時間は、たったの二十分だけなのだ。

  てな感じの、SF青春ドラマです。
公演日程は、2月22日(金)が、18時会場、18時30分開演。
            2月23日(土)が13時30分会場、14時開演。
                         18時会場、18時30分開演。
            2月24日(日)が、13時30分会場、14時開演です。
公演場所は、新宿駅西口から徒歩5分の、SPACE107。
http://www.space107.info/access.html

入場料は、無料ですので、もしお時間ありましたら見に来てください。
若さが弾けてます!

もし、来られるようでしたら、僕のほうに直接コンタクトください。
劇場でお待ちしてます。
hideking922@yahoo.co.jp

|

« 公演情報 | トップページ | 稽古場日記2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/40079595

この記事へのトラックバック一覧です: 稽古場日記1:

« 公演情報 | トップページ | 稽古場日記2 »