« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

ワークショップのお知らせ

『脚本家と監督が、ワークショップを開きます。

俳優のみなさま、ぜひ参加してください。』

きたる、2008726()27()82()3()の四日間、『即興とデバイジングによるシーン作り』をテーマにしたワークショップを開催します。

ワークショップリーダーは、脚本家、演出家の園田英樹がつとめます。

また脚本家、映画監督の大川俊道が特別講師として、自作の脚本を使って、映画における演技の指導も行います。

日程、2008726

27日、82日、3日。1時から6時まで。(2日のみ、130より)

場所は、新宿村スタジオ。(スタジオ番号はのちほどお知らせします)

参加費、一日につき千円。

できれば、四日間全部に参加していただきたいですが、お仕事などの都合で全日参加できなくても大丈夫です。

参加希望者は、簡単な自己紹介をつけて、メールか、ファックスで申し込んでください。

人数は20名までですので、お断りする場合もあります。

参加者には、こちらから連絡させていただきます。

締め切りは、7月18日です。

メールアドレス……hideking922@yahoo.co.jp

FAX番号……(03)34678864

主宰・プロジェクトNewOne

園田英樹(そのだひでき)プロフィール

  1957年生まれ。

佐賀県鳥栖市

出身 明治大学政治経済学部卒。

 在学中にテレビドラマで脚本家デヴューし、俳優兼脚本家として、数々の舞台に出演する。小説家としても、ジュブナイルを中心に二十数冊の著作がある。即興と、デバイジングによる脚本作りを劇団の作品作りに活かす方法を確立。2000年より、東放学園高等専修学校で演劇と脚本を教えるなかで、ドラマ教育の方法を模索しドラマケーション開発に参加している。東放学園高等専修学校の卒業公演のオリジナル舞台脚本も四年間にわかって書き続けている。NHK児童劇団のミュージカル脚本も三本執筆。現在、来年夏の劇場作品と、来年四月に公演予定の芝居の脚本を執筆中。

〔劇場脚本作品)劇場版ポケットモンスター3作目からの全作品。『翔べ、ペガサス』『アイシティ』『ゴッド・ブレス・ダンクーガ』『超音戦士ボーグマン・ラバーズレイン』『大阪の章二クン』(ベルリン映画祭、上海映画祭出品)『カメレオン』(96年日本映像)『セーラー服反逆同盟』『ハングマンGOGO』など、テレビ作品多数。

〔舞台脚本〕『天国の地図は誰ももたない』(日活芸術学園)『大冒険ラブソング』『さよならキャ盗ルパン』(NHK放送児童劇団)『ラストステージ』(川村真紀一人歌芝居)『赤い長ぐつ』(

川口市

ミュージカル団公演)『ファンタスト』『パノラマ幻象』『ファンタスティックリリー』(劇団帰燕風人舎)など多数。

大川俊道(おおかわ・しゅんどう)プロフィール

 1957年生まれ。

茨城県水戸市

出身。明治大学法学部卒。

 大学在学中より、脚本家デビュー、その後数々の作品にたずさわり、自ら監督もこなす。

 現在、次回作を執筆中。

〔脚本作品〕『太陽にほえろ!』『刑事貴族』『キャッツ・アイ』『あぶない刑事』『ハングマン』『ベイシティ刑事』『ルパン三世』『四姉妹物語』『セーラー服反逆同盟』『こち亀・ザ・ムービー』『甲虫王者ムシキング』『太陽の傷』『リリー・フランキーのおでんくん』他

〔監督作品〕『クライムハンター怒りの銃弾』(世良公則 原田芳雄)『NOBODY』(加藤雅也 竹内力 遠藤憲一 根津甚八)『サニー・ゲッツ・ブルー』(七瀬なつみ 又野誠治)『ダブル・デセプション 共犯者』(菊川怜 ウド・キアー ルイス・マンディーロ ジェームズ・ルッソ)『ワニ女の逆襲』(星野マヤ 中島宏海 菅田俊)他

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »