« カラフル企画稽古二日目 | トップページ | 花 »

2011年3月25日 (金)

公園の木蓮が咲いた

コンビニに行って、びっくりしました。
棚がガラガラ。
水とか全然ありません。
まぁ、放射能が水道水から出たなんて報道がされると、そりゃなんとなく怖くなって、買いに走る心理もわかります。
しかしこの様は、すごい。
まるで被災したかのようです。
買えなかった人は、いつものように水道水を飲むしかありません。
でも飲めるだけいいじゃないですか。
まだ被災地で、物資不足のなか懸命に耐えている人たちもいらっしゃるのだから。
原発の周囲の人たちは、避難勧告が出て自分の家があるにもかかわらず、そこからでなければならなくなっているのだから。
痛みを、少しでもわかちあうときだと思います。

東京では壊されることになっていた赤坂プリンスホテルが、被災者を受け入れるということになったみたいです。
これはとてもいいことだと思います。
きっと全国には、こういう施設がきっともっとあるはずです。
今は危急のとき、こういう施設があったら、どんどん有効利用して被災した人たちを、できるだけいい環境で休ませてあげるようにして欲しいです。
仮設住宅が間に合わないんだったら、政府はこういう施設をどんどん有効活用してほしいと思います。

ところで市街地のコンビニとかスーパーはもちろんのこと、自動販売機にいたるまで水がなくなってますけど、うちの近所の公園の中の売店と自販機にはまだたっぷり残ってました。
買い占めに走る人たちも、まさか公園の中にまではこなかったみたいです。
ふつうにしてれば、たぶん水なんかの供給は間に合うはずです。
赤ちゃんがいるところとか、幼い子供がいるところに優先的に水がまわるように、ふつうの人は買い占めはやめましょう。

カラフル企画は、次回の四月公演を被災地支援公演にします。
収益のなかから復興の義援金を出したいと思ってます。
明るく楽しい芝居をつくって、少しでも見てくれた人の気持ちを明るくし、わずかですが復興の力になれたらと思います。
きょうは、稽古四日目。
全力で生きます。

公園には、美しい木蓮の花が思いっきり咲いていました。

|

« カラフル企画稽古二日目 | トップページ | 花 »

コメント

東京で水道水が放射能に汚染されている話しは二、三日前から話しは名古屋でも話題になっています。訳あって離れて暮らしてはいるけれど、小さい娘がいる身としては人事ではないと思いました。もし、自分の子供が乳児の時に同じ状況だったら………と考えると、東京都内の乳児を持つ親達の気持ちが伝わってきます。カラフル芝居、被災者支援公演になったんですね。なんとか頑張って予定を空けて行きたいです。小さな事でも苦しんでいる被災者の為になる事が出来るならしてあげたい。こうゆう公演なら是非行きたいです。チケットとかの取り扱い先や詳しい時間とかが分かったらまたブログで教えてくださいね。みなさん頑張って下さいcoldsweats01

投稿: 伊藤真由美 | 2011年3月25日 (金) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/51211808

この記事へのトラックバック一覧です: 公園の木蓮が咲いた:

« カラフル企画稽古二日目 | トップページ | 花 »