« 仮設トイレ | トップページ | カラフル企画の稽古開始 »

2011年3月20日 (日)

原発で消火作業する人たちに敬意

福島原発の注水作業に行った東京消防庁のハイパーレスキュー隊長たちの会見をニュースで見ていて、涙が出た。
プロフェッショナルの彼らが話ながら、おもわず涙をにじませた。
その様子から、今回のミッションがいかに危険なものなのかということが伝わる。
まさに命懸けで、彼らはあの現場にいるのだ。
彼らが仕事に向かうとき、家族に『もうしわけない』と言ったという。
それはどういうことか。
ただ心配をかけるということではないはずだ。
彼らは死ぬかもしれないということを、わかっているということなのだ。
そんな思いを抱えながら、われわれの未来を守るために戦っている彼らに最大の敬意を送りたい。
あそこにいるすべての関係者のみなさんに。

彼らがそれだけ危険だと感じているということは、報道でされている以上にあの原発は危険な状態になっているのだろう。
これ以上ひどいことにならないことを、心から祈る。

|

« 仮設トイレ | トップページ | カラフル企画の稽古開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/51166963

この記事へのトラックバック一覧です: 原発で消火作業する人たちに敬意:

« 仮設トイレ | トップページ | カラフル企画の稽古開始 »