« 祈る | トップページ | 原宿に行ってみた »

2011年3月17日 (木)

非常事態

日本全国が大変な状況にあるなか、東京もその影響をもろに受けている感じです。
冷静な対応こそが必要なのでしょうが、人の心理とは、そうなまやさしいものではないのでしょう。
私の家の近くのスーパー、コンビニからトイレットペーパー、ティッシュなどが、またたくまに消えました。
電池類などもです。ついでに他の商品も品薄状態。
こんなに物がないというのは、はじめてです。
なんでもかんでも買い占めたって感じです。
物流が滞るという不安感があるのでしょう。
まぁ、しかたないかなぁとも思います。
僕らの世代は、オイルショックとか知ってるので、トイレットペーパーの買いだめに走る群衆は見たことがある風景ですが、それ以外の世代は始めて体験する事態ですものね。
でも、やっぱり冷静な対応をしなければなりません。
いま最も苦しんでいるのは、被災地の方々です。
その人たちを最優先に考えるべきでしょう。
まだ東京は水もあれば、寝るための毛布もあります。レストランだって営業してるんです。
原発から放射能が吹き出してくる不安とかもありますが、関係者の人たちは必死でそれを抑えようとしてくれてるはずです。
彼らを信じるしかありません。
いま安全なところにいるわれわれは、落ち着いて冷静に日常を送ることが、なによりの支援だと思います。
そして義援金を送ること。
想いと一緒に。

|

« 祈る | トップページ | 原宿に行ってみた »

コメント

そちらも余震が続き、不安が続いていると思いますが、園田先生の前向きな文を読んでいると、こちらも元気が出ます。名古屋でも先日静岡の地震以来、トイレットペーパーなど消え、乾電池も皆が買い溜めに走っているようです。そんな話しばかり聞いていたせいか、うつ病が悪化して、昨日病院で薬を変えて貰ってきました。今訳あって名古屋で仕事をしながら一人暮らしをしていますが、こういった人達を見ると悲しいです。被災者に送る為ならよいですが、自分達の為にしている人を見たり話しを聞いたりするとやるせなくなります。ただでさえ被災者の事を思うと胸が痛むのに。人間って何なんだろうって考えてしまいます。おっとっと、考え過ぎは良くないと、昨日、病院の先生に言われたばかりなのにsweat02元気を出す為に先生のブログ見てたのに。園田先生のブログの中にあった義援金の話しを今、会社の仲良しメンバーで送る計画をしています。園田先生の話しをしたらのってきてくれたので。考え過ぎはよくないけど、やれる事をやって、少しでも被災者の力になりたい。被災者に元気になって貰いたい。小さな親切でも被災者の人が喜んでくれるならなんでもしたいと思う気持ちを大切にして、今日も頑張ります。またいつか、先生の小説読みたいです。(初めて園田先生との出会いのきっかけになったティラノの続きとかsweat02
園田先生に負けないように私も頑張ります。元気をありがとうございました。

投稿: 伊藤真由美 | 2011年3月18日 (金) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/51141123

この記事へのトラックバック一覧です: 非常事態:

« 祈る | トップページ | 原宿に行ってみた »