« インプロのチーム | トップページ | 二日で本番やりました »

2011年10月27日 (木)

多摩美の脚本授業

脚本を教えている多摩美映像演劇学科で、『シーンの中に登場する人物に秘密の目的を持たせて芝居をさせる』というテーマで授業をやった。
この授業ではまず稽古場で即興芝居(インプロ)を前半90分やる。
三人組か四人組に分かれて、それぞれ演出家役を決めて、その場で配役を決めてシーンをやるのだが、人物の関係性とシチュエーションだけを役者に与えてシーンをやったあとに、こんどはそれぞれ目的を持ってシーンを演じてもらった。
するとその違いがはっきりする。
目的をもっていると人物の行動線がはっきりするので、役者もやりやすいし、見ていてあまり無駄のないシーンになるのだ。
この授業はあくまでも脚本創作のためのウォーミングアップとしてやっているのだが、俳優としての訓練としてもなかなかいけてるのではないかと密かに思っている。

授業の後半は、教室に戻って実際の脚本を書く。
今回は、仮想テレビドラマの一話の導入部分を書いた。
まずキャストを決める。
仮想ドラマなので、好きにキャストを選べるのが楽しい。
みんなで話し合って、主演は阿部寛と綾瀬はるか、サブキャストに芦田愛菜ちゃんという、いま旬な人たちに決めた。
阿部の役は、バツイチで新宿二丁目でオカマとして働いているお父さん。
綾瀬は、新人の小学校教諭。
愛菜ちゃんは、その生徒で、阿倍の娘ということになった。
ワンクールのシリーズドラマの、一話の導入部分を全員が書いた。

主人公はどんな目的を持っているのか。
どんな導入で入れば、お客さんをつかめるのか。
そんなことを意識しながら書いてもらった。
それぞれ楽しいドラマの導入部ができあがった。

シナリオの書き方を楽しく学ぶという授業なのだが、実は教えている僕も、すごく楽しんでいるのである。

|

« インプロのチーム | トップページ | 二日で本番やりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100879/53094357

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩美の脚本授業:

« インプロのチーム | トップページ | 二日で本番やりました »