« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月29日 (火)

高校生がつくったインプロノシーン

2011/11/28
 東放学園高等専修学校の卒公メンバーでのインプロの稽古場で、すごくいいシーンが生まれたので、記憶をもとにして書き残しておきます。
 録音か録画をしておけば良かったと思ったほど、大笑いして、最後は涙が出るほど感動した良いシーンでした。

 5人のプレーヤーに与えられたタイトルは、『葬儀場』。(このタイトルは、見ている他のメンバーから出たもの)
 タイトルを聞いて、最初の一分ほどは、他のメンバーによる場所作りの即興がはじまります。
 葬儀場での、さまざまな人間模様が始まりました。
  お焼香している人。受け付けをしている人。お茶を飲んでいる人。いろんな人がいます。その短い間に、このシーンを演じるメンバーたちは自分が演じるキャラクターを考えて、思いついた者から前に出て、それを語り始めます。
 まずしのぶが前にでました。
「坂本のりこ、48歳。ふだんはスーパーでパートの仕事をしています。今日はダンナの葬儀でここにきています。元気な人でしたが、突然倒れて、帰らぬ人になってしまいました。たくさんの人が、あの人とお別れにきてくださってます。あの人が、こんなにたくさんの人たちに慕われていたなんて、あたしはちっとも知りませんでした」
 次に、るみがでて、
「坂本太郎、58歳です。どうやら死んでしまったみたいです。記憶があいまいで、いったいどうしてこんなことになったのか、さっぱりわからないんですが、気がついたらここにいて、上から自分の体を見下ろしていて、妻がその体にしがみついてます。あー、死ぬんだったら、いろいろいいたいことがあったのになぁ」
 と、死んでしまった旦那になりました。
 次に前にでたのは、ゆか。
「あたしは、田中ともこ、29歳。実は太郎さんと不倫してました。悪いこととは思いながら、太郎さんのこと愛しちゃったんですよねー。それなのに太郎さんたら、突然死んじゃって。あたし、こんなところに来る立場じゃないってわかってはいるんですけど、最後に一度だけで太郎さんに、お別れがいいたくて、きちゃいました」
 一瞬にして、こんな人間関係を作り出した彼女たちのアイディアに僕は舌をまいてしまいました。
 旦那さんを亡くした奥さんと、幽霊になった旦那さん、そしてその不倫相手。
 これからどんなドラマが展開するのか、わくわくする登場人物たちです。
 このシーンには、五人が出ることになっています。さぁ、あとの二人はどんなキャラクターで加わってくるのか、期待はふくらみます。
 このとき、プレーヤーたちにとっては、ギリギリの状況が続いています。
 このあとどうなるかなんて考えていては、その場の状況に対応できないので、とにかく思いついたことをやるしかありません。
 次に前に出たコウタは、意外なキャラクターを語り始めました。
「僕は、法隆寺徳之助、霊能力者だ。ちかごろこのあたりに霊がうろついているのを感じるんだ。それを調べるために、ここにやってきた。匂うぞ、あやしい霊の匂いが」
 なんと霊を見つけては、それを浄化する力のあるという、霊能力者になったのです。
 これには驚きました。さすがマンガアニメになれしたしんだ世代です。
 五人目のマリンは、髪の毛をちょっと不気味な感じにたらしながら前に出て、
「サチコです。あたし、この場所に五十年くらい、ずっーといます。ウフフフフ。みんなあたしのこと、見えないみたい。ウフフフ」
 と、不気味な雰囲気で語りはじめました。なんとこの斎場に居ついている小さないたずら好きの子供の霊になったのです。
 これにも驚きました。このキャラクターを思いついたのもすごいと思うんですが、いたずら好きの子供の霊を演じるという遊び心がいいじゃないですか。
 さぁ、登場人物が五人でそろいました。これからどんな物語が生まれるのか、期待感はさらにたかまります。

 シーン1
 サチコに、太郎が近寄っていきます。
「あー、おれは本当に死んでしまったのか。まだ、妻に言いたいことがあったはずなのに……」
「おじさん、しんじゃったの?」
「えっ、おれが見えるのか、きみには」
 と、サチコと太郎のシーンがはじまりました。
 サチコは自分がここにずっといるということを伝え、死んでもこの世にまだ悔いがある人は、幽霊となってさまようのだということを太郎に教えます。
「あー、おれはどうしたら、いいんだー」
 と、太郎はなやみます。
 サチコは、太郎にとって都合の悪い人が近づいてきている気がすると告げるのだった。

 葬儀場に近づいてきていたのは、太郎の不倫相手のともこです。
「あれは、ともこ。そうだ、おれはあの子とまちがった関係をもってしまったんだった。のりこと、ともこが会ってしまったら、大変なことになる。それだけは、なんとかとめなきゃ」
 と、あわてる太郎です。

 シーン2
 霊能力者の法隆寺が動きはじめます。
「このあたりに霊の匂いがする……」
 シーン1を演じていた、サチコと太郎はすっと後ろに下がります。
 それと入れ代わるように、のりこが前に出ました。
「お焼香に来てくださったのですね。どうぞ、太郎の顔を見てあげてください」
 と、喪主と不思議な訪問者のシーンが始まりました。
「このたびは、お悔やみもうしあげます……」
「太郎は、会社ではどんなふうだったんですか、あたしにはなんにも話してくれなかったものですから」
「いえ、わたくしはご主人とは知り合いではなかったのですが……このあたりに、霊の匂いがするのです」
「えっ、では、まだ太郎が、このあたりにいるのですか?」
「いえ、さっきまでは何かいた感じがするのですが、今は感じません……」
 のりこは、霊能力者にもし死んだ太郎の霊がいるのなら、もう一度話をしたいと言うのでした。
 そこにサチコに連れられた太郎の霊がやってきます。
 悲しんでいる奥さんに話をしたくても、声を伝えることのできない太郎と、奥さんのかみあわない会話のシーンが面白く展開します。
 しかし霊能力者の法隆寺が、なにかがいることに気づくので、ヤバイとなって太郎とサチコは逃げるように部屋から出て行ってしまいます。

 シーン3
 隣の部屋には葬儀場で迷った太郎の不倫相手のともこがいます。
「来てはいけないと思いながらも、がまんできずに来てしまった・・・太郎さんと一目あってお別れしたいのに、いったいどこなのかしら?」
 そこに太郎とサチコの幽霊コンビがやってきます。
 なんとかサチコを止めようと必死になる太郎は、サチコから霊力の発揮しかたを聞いて実行しようとするのですが、なかなかうまくいきません。
 この霊力とは、ハーッと気合いを発して、相手の足をとめてしまうというもの。(カメハメハみたいなもんです。おいつめられて、こういうものを思いつく高校生の発想力に笑いながら感心しました)
 太郎が失敗ばかりするのを見かねて、サチコが霊力を発射して、ともこをひっくり返してしまいます。
 転んでしまったともこには、いったい何が起きているのかわかりません。(このあたり、まるで良くできたスラップスティックコメディのようでした)
 そこに悪い霊の存在を感じた、霊能力者の法隆寺がやってきます。
 法隆寺には、サチコと太郎がうすく見えるらしく、悪霊を追い払おうとするのだが、ともこにはいったい何が起きているのかわかりません。
 法隆寺に倒れてけがした責任をとれと言い出すしまつ。
 サチコと太郎は、霊能力者に昇天させられては困るので、その場を逃げ出していくのでした。

 シーン4
 太郎の体が安置されている部屋では、妻ののりこが太郎の体にすがって泣いています。
「太郎さん、あなたのためにたくさんの人がおくやみにきてくだいましたよ。家では何にもしない人だったけど、仕事場ではりっぱだったのね。でも、あたしは、あなたともっと一緒にいたかった」
 そんなのりこを逃げてきた太郎とサチコが見つめます。
「のりこ、おまえというものがありながら、一時の気の迷いで、浮気してしまって、すまなかった。ほんとうにごめんな」
 と、聞こえない相手にむかって謝る太郎です。
 そこに霊能力者とともこが追ってきます。
 ともこは、のりこに太郎とはどんなご関係でしたの? と聞かれてしどろもどろになります。
 そんな二人の状況に、幽霊の太郎は気が気ではありません。二人の間にはいって、おろおろするのですが、二人には太郎の姿は見えないのです。(まさにコメディです)
 法隆寺から、この場に太郎の霊がいるということを聞いたのりこは、なんとか太郎と話をしたいと願います。
 しかし、自分は迷った霊を天国に送るのが仕事で、そういう都合のいいことはできないと言うビジネスライクな霊能力者なのでした。
 このままでは浮気相手とのことなど、自分の本当の気持ちが伝わらないと焦った太郎は、なんとか方法はないのかとサチコに聞きます。
 するとサチコは、「まだ肉体がこの世にあるあなたなら、体に飛び込めばなんとかなるかもしれない」と教えるのでした。
「わかった、やってみるよ」
 と、太郎は思い切って、そこに横たわる自分の体めがけてダイブする。
 太郎の霊魂は、太郎の体にもどることに成功するのです。(このあたりのアクションもばかばかしくて、大胆で大笑いしてしまいました)

 一時的に生き返った太郎が、むっくりと起き上がります。
 驚く妻と愛人に、太郎は心から謝ります。
「嘘をついてわるかった。ともこ、きみにも本当に悪いことをした。もう謝ることしかできないが、どうかわたしを許してくれ」
 そんな太郎に、妻は意外な返事をします。
 あなたが浮気していること、うすうすは感じていた。だけど、あなたがそんな気持ちになったのには、あなたに甘えていた自分にも責任が少しはあったのかもしれない。あなたに寂しい思いをさせた、あたしもわるかったのと。
 それを聞いていたサチコが、一同の前に姿を現します。
 驚く一同に、サチコは驚くべき事実を告げるのです。
「わたしはサチコ。本当は、あなたたちの間に生まれることになっていた、女の子。ここでもう一度、あえるまで、待っていたんです」
 太郎と妻は驚きます。
「サチコ、じゃあおまえは、あのときの・・・」
 二人には過去に、生まれなかった子供がいたのです。
 死産だった子供が。
「そうです。ずっと一人で寂しかった。でも、もう寂しくない。やっと会えたから」
 この衝撃の事実に、太郎も妻もそして、そこにいる全員が驚いていました。
 生まれることのなかった小さな魂が、何十年も親に会えるのを待っていて、それが父親の死でかなったのです。悲劇なのに、良かったと思える、不思議な状況。
 (演技しながら、気持ちがあふれて、太郎役のるみはもう涙ぐんでいます。サチコ役のまりんも必死に涙をこらえてます。みている僕たちも、鳥肌がたつほど感動していました。)

 サチコにうながされて、太郎は旅立つ決意をします。
 霊能力者に頼んで、太郎とサチコはあの世へと昇天していくのでした。
「さよなら、のりこ、ともこ・・・」
「さよなら、母さん」
 それを見送るのりこ、ともこ、法隆寺。

 太郎と不倫したことを、ともこはのりこに謝りますが、のりこはともこを許し、また会いにきてくださいとまで言います。自分の愛した太郎を好きになってくれてありがとうと。
 そんなのりこに、法隆寺が一言。
「いい奥さんだ」
 これがこの物語の締めの言葉となりました。

 演技を終えたるみとまりんが、妻と愛人が仲直りしているシーンを見ながら泣いていました。
 そしてすべてを目撃した僕たちは、しばし呆然としたのち、拍手したのでした。

 全体の時間は約26分。
 すべて即興で、見事なコメディスケッチができあがかったのでした。

 今回は、この葬儀場のシーンの他にも、飛行場のシーンと、秋葉原のシーンが演じられたのですが、その両方とも面白く、ここに書き起こしたくなるような出来でした。
 高校生たちと約二ヶ月インプロの練習をしてきて、彼らが着実に力をつけてきているのを実感しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

クラーク記念高校の芝居『カグヤ』

高校生の芝居に、衝撃を受けてしまった。
クラーク記念国際高等学校、東京キャンパスパフォーマンスコースの公演『カグヤ~新竹取物語~』を六行会ホールで見てきた。
脚本は扉座の横内謙介が、スーパー歌舞伎の猿之助に書いたやつ。
三時間以上におよぶ大作を、高校生たちが若さ爆発の疾走感のなか、歌ありダンスあり殺陣ありの、大スペクタクルエンターテイメントに仕上げていた。
多少セリフがつたなくても、それを吹き飛ばすエネルギーがそこにはあり、まっすぐな芝居に向かう心があった。
15歳から18歳の高校生たちを、このレベルまで引き上げるスタッフの力量もたいしたもんだと思う。
こんな演劇体験ができる高校生たちが、心底うらやましかった。
感動させていただきました。
日曜日までやってます。当日券も多少出てるようなので、これはおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

売春捜査官

僕は、どうやら『異形の者』としての俳優が好きらしい。
ふつうとは異なる者。日常ではなく、非日常の存在。
そういうものに目を奪われる自分がいる。

役者とはもともとそういう存在なのだが、みんながみんなこんな特権的な肉体や精神をもてるものではない。
そんな希有な存在である俳優を見つけたり、出会えたりするのがうれしくてしかたがないのだ。

双数姉妹に所属する野口かおるは、そういう存在であるということをはっきり見せてくれた。
彼女が出演する、『売春捜査官』を見た。(at森下スタジオ・熱帯のラボエキスポ)
見たというより、目撃した感じ。
そこにはまさに異形の者がいた。
彼女が実は、すごいスキルを持った女優であることを僕は知っている。
それがスキルを超えた何かを、台風のように暴力的にまき散らしていた。
あんなことができるのは、日本中をさがしても何人もいるもんではないだろう。
今日、明日やっているので、ぜひご覧になったほうがいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

二日で本番やりました

シアターミラクル提携企画『二日で本番』を振り返って。

 先日の11月13日14日の二日間新宿シアターミラクルにおいて、『二日で本番』という企画のワークショップ講師とショーの演出を担当しました。

 この企画は、劇場を一般の人にもっと身近なものにするというテーマで、二日間のワークショップで最後に劇場公演をするというもの。
「えー、そんなのできるのか!?」と依頼を受けたときに思ったが、これもチャレンジと引き受けることにしました。
 企画は、多摩美の生徒で、ダンス界の新星の木皮成。
 木皮もワークショップに参加する予定になっていたのだが、彼自身が他の現場で演出助手の仕事が入ってしまい、企画者不在のままワークショップをすることになってしまったのだった。
 しかし制作関係は、多摩美出身の星さんや、現役多摩美生たちが多数協力してくれたので、とどこおりなく運営することができました。

 ワークショップの参加者は12名。そのうち演劇経験のない人が4名。他も劇団員から、声優さん、映像系の俳優、学生など、多様で、年齢も下は17歳から上は48歳までという幅広さでした。
 それぞれほとんどが初対面の人たちと、二日間、稽古時間にすれば約12時間で本番に突入しなければなりません。
 脚本家の仕事では、12時間後にテレビドラマの脚本を一本完成させてくださいと言われたのと同じ感じです。
 いちおう脚本家としてはキャリアをつんでいるので、そういうギリギリの状況に追い込まれたことは何度もあるので、なんとかしてやると闘志がわきました。

 ワークショップをはじめる前は、台本を使ってそれを稽古して発表にまでもっていこうと漠然と考えていたのですが、この参加者たちを見て、台本を使うのはやめることにしました。
  初心者の人たちに、いきなり台本をつかっての演技指導をするのは無理だと思ったからです。
 まずは演技することへの抵抗感(恐怖感)を取り除くことから始めることにしました。

 初日は、インプロ(即興)の練習からはじめました。
 まずはお互いの名前を憶えて、相手との距離を無くすことからです。
 名前を憶えるゲームや、単純に連想するゲームなど、楽しいインプロのゲームをやりながら参加者の緊張をほぐしていきます。
 初心者の人たちが人前で表現することにたいする恐怖心を無くせるように、『失敗してもいいんだ』『失敗することが大事なんだ』『だめだったらさっさとやり直していいんだ』ということを、身体で感じることができるようなワークを中心に進めていきました。

 参加者たちの恐怖心が取れてきたら、実際の即興演技に入っていきます。
 物語のシーンを作るには、どうすればいいのかを丁寧に指導していきました。
 するとみるみる面白いシーンができるようになってきました。
 ここまで約4時間かかりました。
 初日の残り2時間は、5、6人のチームに別れて、インプロのロングフォームを試みました。
 キーワードから、連想するキャラクターをつくって、それらの人物の関係性をつくってストーリーを編んでいくというタイプのものです。
 演出の僕が、シーンの最中にいろいろなサポート的な言葉を入れながら、ロングフォームをやっていきます。
 このなかで、様々なシーンが生まれました。
 参加者の人たちも、シーン作りを楽しんでくれたようで、終了後に感想を聞くとみんな口々に『楽しかった』と言ってくれました。
 これなら二日目も行けると、僕はこのとき確信したのでした。

 本番をやる二日目も、稽古時間は実質五時間くらいしかありません。
 しかもこの日から参加の俳優も、一人います。
 ウォーミングアップは初日と同じように、演じるための恐怖心を取り除くためのものを中心にやりました。

 この時点で、本番のショーは、作品一本と即興のロングフォームのシーン二本の三本立てでやることにしました。
 そのためのショーの構成を大急ぎで作り、照明と音響のスタッフと演出助手と打ち合わせ。
 このスタッフたちには、本当に助けられました。

 参加者たちを二つのチームに分けて、ショーの後半の即興ロングフォーム対決をすることにしました。
 チーム名は、参加者たちに決めてもらいます。『JKB5』と『きばつピアス』が編成されました。
 両方の選抜メンバーを中心に、全員が参加して、オープニングシーンの一本目を作りはじめます。

 初日にやったのと同じように、即興をしながらシーンを作っていきます。
 一時間半をかけて、三十分の芝居ができあがりました。
 芝居のタイトルは『ステイション』とつけました。
 駅で出逢った人たちのストーリーです。
 仕事をリストラされ絶望した中年おじさんが、駅で出逢った人たちとの触れ合いを通じて、自殺を思い止まり、新しい人生を歩きだすことを決意するというもの。
 このできあがったシーンを、本番で再現するのです。
 こまかい段取りと、照明と音響のタイミングを打ち合わせして、稽古は終了です。
 二本目三本目のシーンは、チームに別れて、完全即興でやります。
 参加者の人たちに、ちょっとだけ緊張感が走るのがわかりました。

 やり終わってからの反省ですが、もう一度本番前に緊張感を取り除くためのワークをやればよかったなと思ってます。
 自分が、やれるという確信を持ったものだから、この時点ですこし油断してしまいました。
 はじめて即興のしかもロングフォームをやる人たちの気持ちを、もう少し僕が感じてやれればよかったと、深く反省している次第です。

 本番を終えての感想ですが。
 一言でいうなら『面白かった!』。
 お客さんも予想以上の三十名近くに入っていただきました。

 ショーは、一本目の『ステイション』は、役者の一人が途中できっかけのセリフを忘れるというハプニングはあったものの、なんとか他の役者がフォローして、お客さんたちには気づかれることもなく進みました。
 二本目の『JKB5』のシーンでは、男子高校を舞台にした先生と生徒たちとの交流が面白く演じられました。
 三本目の『きばつピアス』のシーンは、病院を舞台にしたシーンが始まったのですが、途中でドタバタし混乱してしまったために、強制終了のサイレンがなりだして暗転するという結末になりました。
 しかしこの強制終了も、逆にお客さんたちの笑いを生む要素になり、ショー全体としては、とてもハッピーで暖かい雰囲気のものになったと思います。

 これも反省点ですが、アンケートを取らなかったのが悔やまれます。
 ショーを作ることに集中してしまったために、そこまで気が回らなかったのです。
 お客さんたちの感想は、次の企画に向けての貴重な資料になったのではないかと思います。

 二日間で、舞台をつくるという無謀とも思える企画でしたが、とても有意義な体験になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »