« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月20日 (月)

五月に演劇の公演が決定

五月に、ユーキーズエンターテイメントのプロデュースで、作演出で演劇の公演をすることが決定しました。

出演者を決めるためのワークショップもはじまりました。

その様子の映像でつくりました。予告編的なものです。どんな稽古をしているのかも見れます。

見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=7h6JIaxbUxY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

八王子シアタープロジョクトの公演

昨日は、市民劇団の八王子シアタープロジェクトの第四回公演『不思議の国のアリスの帽子屋さんのお茶の会』(作・別役実)を八王子のいちょうホールで見てきた。
昨年の夏にワークショップで、インプロを一緒にやったみなさんの公演だ。
なつかしい顔が、舞台の上で輝いていた。
観客のみなさんもあたたかく見守っている感じで、とってもいい感じの公演だった。
市民劇団のこういう活動は、もっとあっていいと思う。
ひろく演劇が、市民に浸透していくためにも。
今日までやってます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

脚本家修行

劇場で脚本家の伴一彦さんと会ってお話しできた。触発される。観劇の際の脚本家の目線に共感した。
以前脚本塾をやられてた時の、脚本家志望の人に課した練習の話が参考になる。
自分の書いたものを俳優に読んでもらうワーク。
脚本家にとっては本当にいい稽古になると思う。
もちろん映像と舞台とはメディアが違うので、表現を変えていかねばならないのだが、舞台の脚本を書いて自分の作劇とセリフを磨くのは脚本修行としては効果的であることは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

多摩美のFT

『大冒険ラブソング』の上演まであと四日になってしまった。今週の金曜土曜に、公演です。
昨日は、稽古を終えてから、多摩美の映像演劇学科に行って、2、3年のフィールドトライアルを見てきた。
映像、演劇、写真、造形の展示など。
かかわりのある生徒の作品を見てあげたかったのだ。
演劇二本、映像十本ほど、写真の展示、造形展示を見た。
演劇は二本とも短編だったが、ストーリーがあまりないタイプのもの。
映像は、実験的なものが多かった。
脚本を教えている講師の立場では、もっとストーリーがしっかりしたものを作る学生がいてくれるとうれしいんだけどね。
みんなもっとストーリーの大切さと、その効果を理解して欲しいと思います。
そしてストーリーを伝える方法は、まちがいなく技術力が必要だということを。
それをわかってもらうためにも、講師的な活動は続けようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »